スポーツ

プロ野球契約更改“怒号と爆笑”の密室舞台裏!(2)「ヤクルト・山田、ソフトバンク・柳田…大物選手との契約には下交渉あり?」

20160114r

 保留選手がほとんど出ないことも昨今の特徴。理由は下交渉が増えたことだ。

「球団も選手もお金でゴタゴタしているようなイメージをファンに与えることを嫌い、大物選手のほとんどが下交渉をしています。実質、そこで保留や決裂があるわけですが、下交渉を重ねて合意ができてから球団事務所に顔を出してサインしますから、表向きは円満一発サインに見える。実際は、トリプルスリーのヤクルト・山田哲人(23)もソフトバンク・柳田悠岐(27)も、日本ハムの中田翔(26)も、裏では一度、決裂していたんです」(球界OB)

 山田は1億4000万円増の2億2000万円でサインしたが、これは歩み寄った金額。実は2億4000万円を求めて何度か決裂していたようだ。柳田も予定されていた契約更改日が1度延期になるなど、モメていた。3億円を要求していた中田も同様に、水面下では物別れになり、結局、4500万円増の2億4500万円でサイン。これは下交渉段階で、成績しだいで3億円に届く出来高払いを手にしていたからだった。

 今や銭闘もいくぶんスマートになってきたが、かつて契約更改といえば、交渉の中で数々の事件や珍要求が連発していた。コンピュータ査定など導入されておらず、そのほとんどがドンブリ勘定という、いいかげんなものだったからだ。

 特に南海、近鉄の在阪球団では、「保留すれば、次は必ずアップ」という法則があり、南海では「1度の保留で100万円アップ」などと言われていたものだ。

 近鉄では契約更改の席にわざと印鑑を持ってこない選手もザラだった。だが、球団サイドも負けていない。球団関係者が回想する。

「金村義明(52)が『ハンコを忘れました』と保留しようとすると、『大丈夫。こちらに用意してある。どれでも好きなもの選んで押せ!』と、金村の名前の印鑑を3、4本突き出されたんです。93年オフに中継ぎ投手として初の1億円投手となった『ピッカリ投法』の佐野慈紀(47)は、口達者の交渉上手で知られていましたが、その更改では脇の甘い担当者が全選手の契約更改金額の書かれた書類を雑に机の上に置いていたため、わからないように佐野が盗み見。『○○選手は×円らしいですね。それなら僕は1億円でしょう』と大台を勝ち取ったんです」

 何とも牧歌的な交渉風景だったのである。

 大物ともなれば、交渉術も豪快だった。中日・星野仙一(68)は提示額が気に入らないとドンと机を叩く「恫喝交渉」。あの迫力で机を叩かれたら、球団フロントもタジタジで、1回机を叩くごとに金額が変わったとか、変わらなかったとか。

 その真逆の手法を繰り出したのは巨人・中畑清(61)。

「土下座交渉ですよ。ひたすら『お願いします! 何とかもう一声!』と机に額をこすりつけんばかりに頭を下げてアップを嘆願した。フロントもその情念に負けてしまったんだとか。15年限りで引退した阪神・関本賢太郎(37)は04年オフ、『来年5月に2人目の子供が生まれるんです。何とかミルク代分を』と泣き落とし作戦。それでも球団提示は変わらなかったそうですが」(前出・球界OB)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?