芸能

天使のように優しいメンバーに何が!?乃木坂46“突然の悲報”にファン騒然

20160113nogisaka-2

 昨年の「NHK紅白歌合戦」に悲願の初出場を果たし、2016年はさらなる高みに向かっていくことが確実視されていた乃木坂46だが、突然の悲報がファンたちを襲った。

 最年長メンバーとしてグループを支えてきた深川麻衣(24)が7日に更新した公式ブログで、3月23日にリリース予定の14枚目シングルの活動をもって、グループを卒業することを発表したのだ。

 1年ほど前から卒業を意識していたという深川は、乃木坂46は大好きな場所と説明したうえで、「次に進むには、先が見えなくてどんなに怖くても、今の場所が自分にとって居心地が良くても、そこから離れ一歩を踏み出す覚悟がなくてはダメだと思いました」と綴り、強い決心のもと、グループを去ることを報告。

「深川は1期生メンバーとしてグループ入りし、選抜入りしたのは3rdシングルから。決して結成時から推されていたメンバーではありません。ですが、上京してきたばかりで戸惑う他の中学生メンバーを学校に送り迎えするなど、その天使のように優しすぎる人柄がすぐさま浸透し、不動の人気メンバーへと成長。握手会人気も西野七瀬、白石麻衣に次ぐ3番手を争うメンバーにまで上りつめました。卒業が事実なら、同グループの過去の卒業メンバーの中でもトップクラスの人気を誇るメンバーがいなくなることになります」(アイドル誌ライター)

 さらに彼女の魅力について、前出のアイドル誌ライターはこう続けた。

「深川の良さはいい意味でアイドルっぽくないところ。素人っぽい雰囲気が強いので、当初は芸能界は不向きだという声もありましたが、だからこそ親近感が沸いたのでしょう。人柄も文句なしにいいため、自然と応援したくなるというのが強みでした。アイドルとしてというより、一人の人間として愛されているメンバーだと思います。卒業を発表した3日後の1月10日には握手会イベントも開催されますから、ファンの目の前での卒業発表のほうが話題づくりにはもってこいだと思いますが、あえてブログで卒業を発表するあたりも本当に彼女らしい。新年初の握手会ですので、紅白についての話題で賑やかになることは間違いないでしょうから、気をつかったのではと推測するファンも多いようです」

 深川推しのファンは、深川同様、穏やかな人が多いという。突然の発表で「おもわず泣いた」など、想像以上のショックを受けているにもかかわらず、「どういう道を選んでも応援したい」「残りの活動全力でサポートしたい」など、温かいコメントを寄せたようだ。

 最後の握手会の盛り上がりや、彼女がラストシングルでどのポジションにつくかも注目が集まるところだが、「ぜひ、センターを!」と言う一途なファンの願いは届くのであろうか?

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬