芸能

美女たちのもうひと花(3) 上戸彩 新作映画「お風呂場で屈んだ時にお椀型がドアップで…」

 女性ファッション誌のグラビアで噂の巨乳ラインを披露した上戸彩(26)。GW公開の映画「テルマエ・ロマエ」(東宝)では、入浴シーンばかりか、ドッキリするほどの深い谷間も見せてくれている。

 EXILEのリーダー・HIRO(42)との交際報道以降、進化を続ける上戸の豊満ぶり。推定Fカップと言われるたわわな胸元は、現在も成長曲線を描いているようだ。スポーツ紙映画担当記者が話す。
「『ローマの風呂』という意味のラテン語がタイトルの映画『テルマエ・ロマエ』の前半部分で、上戸が深い谷間を露出してます。Tシャツ姿で風呂掃除をする場面で、胸元が5センチ以上も開いているんです。『エッ、大丈夫なの?』とこちらが心配するほどのサービスカットでした(笑)」
 原作は気鋭の漫画家・ヤマザキマリ氏の同名コミック。古代ローマ帝国の風呂専門の設計技師・ルシウスが、現代日本の銭湯や温泉などにタイムスリップし、日本の風呂文化を学ぶという奇想天外なコメディ作品だ。
 すでにシリーズ累計500万部を突破し、「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」も受賞している。前出の記者が続ける。
「上戸は、タイムスリップしてきたルシウスと銭湯や家庭風呂、温泉などで運命の出会いをする漫画家志望の現代女性役です。ルシウス役の阿部寛が気絶しているところをスケッチする場面でも、白のタンクトップで腹ばいなものだから、ロケット乳というだけでなくて、かなりの厚みとボリュームがあることもしっかりとわかりますよ」
 さらに、ルシウスと一緒にタイムスリップする場面では、当時の白のルーズな胴衣をまとい、まるでビーナスのようにセクシーだという。映画評論家の秋本鉄次氏も上戸の爆乳ぶりに感嘆する。
「赤いひもで腰を締めているため、胸元が強調され、さぞかし立派なものをお持ちであろうと想像できました。綾瀬はるかや深田恭子クラスでしょう」
 もちろん、ラストには上戸の入浴シーンも用意されている。
「エンドクレジットが上がる前の2分間ほど、湯船の縁に顔と腕を乗せて、『いい湯だなあ.』と、まどろむ姿なんて、実にセクシーです。肩や胸前の肉づきもいいですし、無防備な感じもいい。まるで女湯をのぞいているような気分にさせてくれますよ(笑)」(秋本氏)
 入浴シーンといえば、「水戸黄門」の由美かおるの代名詞だが、噂される結婚→出産→引退ではなく、「新・お風呂の女王」を継承してもらいたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化