スポーツ

“コースの鬼”が競馬場別<得>情報を大公開!(2)「中山芝1200メートルは逃げ馬を狙え!」

20160128s2nd

 芝や路盤の変化に伴い馬場硬度は変貌したが、含水率にも大きな影響を及ぼす。開催前の降雨量だけでなく、散水も影響するだけに、ファンにとっては判断の難しいところだ。

「昨春の京都開催は、レース前日に水をまいたことで、かなり馬場が柔らかかった。そういうことが何度かありましたね。芝は植物なので天気予報によっては、前日に水まきをしないといけませんからね。ただ、その後はHPの『馬場情報』の欄に『週末情報』というコーナーが追加され、金曜日の正午以降に行った作業内容も書かれるようになり、疑心暗鬼にならずに済むようになりました。近いうちに馬場硬度の数値発表も実施されるようになるでしょう」

 昨春、京都で行われた天皇賞では、1番人気のキズナが7着に散った。良馬場発表にもかかわらず、柔らかな芝の影響からか自慢の豪脚が炸裂せず、上がり3ハロン34秒9だった(14年はメンバー最速の34秒0)。

 今の競馬は、昔の常識が通用せず、まさに新装開店状態。馬場の様相がガラッと一変する中、どう馬券に反映させるべきなのか。

「馬場管理技術の進歩により、これまで以上に先行脚質馬が優位に立つことになるでしょう。以前は内側の芝が傷み『いつ、外差しの馬場になるか』ということが馬券戦略の一つだったじゃないですか。しかし、最近は待てど暮らせど外伸びにならない(笑)。例えば中山芝1200メートル。1番人気の逃げ馬の勝率は47.1%で、8番人気まで単勝回収率はプラス。回収率的に見れば人気薄の逃げ馬の激走に期待したいところです」

「先行脚質馬が優位」という傾向は、昨年暮れに行われた有馬記念や今年の金杯からもうかがえる。有馬記念では逃げたキタサンブラックが3着。終始5、6番手以内でレースを運んだゴールドアクターとサウンズオブアースが1、2着、不利と言われる大外枠だった12番人気のマリアライトもアタマ差の4着にふんばった。

 また、京都の金杯にしても、2、3番手でレースを進めたミッキーラブソングとウインプリメーラが3着、1着。13番人気のテイエムタイホーが5番手追走から2着に入線し、3連単は34万円オーバー。ちなみに、1番人気のトーセンスターダムは、11番手で10着に敗れている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!