社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「ダイエットの王道は運動より食事にあり 1日3食は現代人にはカロリーオーバー」

20160204x

 新年を迎えますと毎年、

「正月明けから新年会が続き、おいしいものをいっぱい食べてしまい、かなり太りました。いいダイエット方法はありませんか?」

 と尋ねられます。

 ダイエット法については「炭水化物抜き」や「キャベツダイエット」など、さまざまなブームが繰り返し起こってきましたが決定打がないのが実情。いかにダイエットが難しいかということを物語っていると言えるでしょう。しかし、医師の立場から言わせてもらえば、ダイエットにはゴールデンルールがあります。

・食べすぎたら太る

・動かなければ太る

・食事量を減らせば痩せる

・動けば痩せる

 以上が絶対的法則です。食べる量を減らすか運動量を増やせば、どんな人でも絶対に痩せます。

 貯金を殖やすためには「働いて稼ぎを増やす」もしくは「倹約して出費を減らす」しかありませんが、これと同じく、ダイエットも消費カロリーを増やすか摂取カロリーを減らすしかないのです。

 当然、食べすぎた翌日に食事を3分の2や半分にすると前日からの体重の増加分は徐々に減少するのです。その理屈さえ実践できれば、ダイエットは必要ありません。

 キャベツダイエットや野菜サラダダイエットなども炭水化物を食べる前に野菜でおなかを満腹にしようというテクニックでしかありません。目の前にある大好物の牛丼を半分で我慢できれば問題なし。ダイエットは精神力でもあるのです。

 では、ここで問題です。

「1日3食を朝昼晩と食べる」のと「おなかが空いた時に食べる」のでは、どちらが健康にいいでしょう。

 朝昼晩と1日3食食べるのは一見、健康的なようですが、自然界の動物を思い浮かべてみてください。

 肥満体型など存在しない自然の動物は、食事の時間を決めることなく、空腹になると餌を食べますが、これは体内のエネルギーが消費された末に、食べ物の確保をするという自然のリズムにのっとっています。そう考えると「空腹感を覚えたら食べ始めて、おさまったら箸を置く」という食習慣が重要です。

 運動量の少ない現代社会に暮らす人間の場合、1日3食のどれかを抜いて、ちょうどいいぐらいの食事量です。もっといえば、1日3食のうち、1食は炭水化物(特に米)を食べないこと。現代は日常的に過食傾向で、ごはんに加えておかずをたっぷり食べていればメタボまっしぐらです。

 成人男性が必要なエネルギー量は1日2600キロカロリー程度。対してごはん1膳のエネルギーは250~300キロカロリーで、ごはんを1膳抜くと十分にカロリーを制限できます。

 朝食は毎日抜かずに食べよとの説もありますが、前日の夕食の時間が遅かったり、食べすぎて食欲がない時など、無理に朝食をとらなくても大丈夫。ましてや年齢を重ねれば食欲は落ちるため、食習慣に捉われる必要はありません。

「体が欲していることを感じたら適度に摂る」

 これが正しい食生活です。

 ちなみに「食べる量を減らす」のと「運動量を増やす」のでは、前者のほうが効率的です。

 250キロカロリーのおにぎり1個を摂取した場合、同じだけのカロリーを消費するには20分から30分のジョギングが、ウオーキングなら3キロから4キロ必要です。

 生活内容にもよりますが、どちらが手っとり早いかといえば、食事量を減らすことでしょう。普通のサラリーマンの日常生活を考えると、食べる量を減らすほうが効果的です。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
3
「知らなくていいコト」、重岡大毅の“闇深演技”にドン引きの声も興味爆増!?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!