政治

2016年“第3次世界大戦”は始まっていた(1)「2008年米国の一国支配が崩壊」

20160204o

 中東の大地には連日ミサイルや爆弾が降り注ぎ、欧米では報復テロにより多くの市民が犠牲となっている。中国の人工島の周辺ではアメリカが軍事作戦を展開、朝鮮半島では核実験が行われた。そう、世界構造は激変したのだ。人知れず開戦した「第3次世界大戦」、日本列島はすでに戦時体制に突入している‥‥。

「世界はすでに戦時体制下に置かれている」

 日本のメディア報道を見ていると、これに気づいていない人が多いと言えよう。

 ここ2年、頻発した世界の安全保障体制を揺るがす事件を列挙しよう。

 14年2月欧州で「ウクライナ危機」が勃発。NATO体制が復活して、再構築が行われようとしている。対国家ではないものの、「IS」(イスラム国)に対して中東では空爆が行われている。軍事アクションを起こしているのは、第1.2次大戦のキープレイヤーとなった国である。

 15年10月27日には、アメリカが軍事オペレーション「航行の自由作戦」を開始することを発表。同時にフィリピンやインドネシア、NATO諸国もこの作戦に賛同、日本も同様である。アジアにおいては、南シナ海問題を中心に、アメリカが中国と直接的敵対関係を明確にしたことは明らかだ。

 2年前、今のような世界の環境が生まれると想像した人はいただろうか。ほぼいなかったに違いない。現在が「平和」であると言えるのだろうか? 決して言えるわけはない。これらの事態へ至る経緯を、過去に遡ってみてみよう。

 アメリカを代表とする西側の資本主義・自由主義経済の勝利によって、共産主義は弱体化し、東側体制は消えると、多くの人が思っていただろう。冷戦構造終了後、敵のいなくなったアメリカによる、ワンルールによる世界の統一が行われた。これこそが、「グローバリズム」の実態である。

 アメリカが金融資本世界を跋扈して、世界中の富を操ることによって一種の一国支配構造が生まれた。中国にしてもロシアにしても、アメリカという経済体の中に依存し、アメリカ資本を受け入れることによって経済発展をしてきた。そこにおいては、日本もキープレイヤーの一つとして、中国に出資、投資、技術移転などを積極的に行い、中国を中心に新興国を発展させてきた当事者であった。

 先進国の経済モデルとは、金融によって新興国からお金を吸い上げ、それをサービス業等に回すことによって、成立していた世界である。多くの日本人は、

「私は新興国からお金をもらっていない」

 と言うかもしれないが、実は間接的にほぼすべての日本人が、その恩恵にあずかっている。日本の金融機関が新興国投資を行い、金融機関の金利や配当という形で還付されているからである。年金などを運用し、新興国投資を盛んにしていたことは記憶にあるはずだ。

 世界のファンドは新興国に投資を行い、高い利益を得ていた。先進国にとって新興国は、資金を回収する新たな植民地という構造であったと言える。

 ところが08年、リーマンショックが起こる。

 資金のパイプ・ポンプの役割をしていたのが金融機関だ。その中心地であるアメリカで低所得者向けの住宅ローン─サブプライムローン─が焦げ付き、連動してリーマンブラザースが経営破綻。世界的な株価大暴落を招く。

 これ以降、力をつけた新興国が先進国に対して、異を唱え始めたわけである。こうして、世界は再び冷戦構造となる。約25~30年近く、時計の針が巻き戻されたというのが、現在の世界構図と言える。

 おおまかな流れを押さえたうえで、中国・北朝鮮の間で戦時体制下に置かれた日本に話を移そう。

(経済評論家:渡邉哲也)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!