芸能

天才テリー伊藤対談「厚切りジェイソン」(2)記憶力はスマホで解決できちゃう?

20160204p

テリー そもそもジェイソンが最初に日本に来たのは、音声認識ソフトの研究のためなんだってね。

ジェイソン そうです。10年前、19歳の時に。

テリー 月並みだけど、初めて日本に来た時の印象はどうだったの? 例えば、日本の文化とかさ。

ジェイソン 町並み、食べ物、人、見るもの全部すばらしかったですね。僕はいちばん近いスーパーまで車で40分ぐらいかかる、ミシガン州の田舎で育ったんですけど、そことは何もかも全然違ったから、最初は便利すぎて「わぁ、魔法みたいにすごい国だ!」と思いましたね。

テリー ミシガン州みたいな緑が多いところに比べたら、日本はゴチャゴチャしてるんじゃないの? あと、家も狭いでしょう。

ジェイソン 狭いのはそんなに悪いことではないです。持ち物が少なくて済むからいいと思いますよ。アメリカは家が広すぎて、ムダなものが多いから。

テリー なるほど、そういう考え方もあるか。

ジェイソン あとは、やっぱり安心さがあります。

テリー ああ、アメリカは物騒なところもあるからね。銃砲所持もあるし。

ジェイソン 実は、アメリカ人はそんなに銃を持ってないですよ。危険な地域は所持率が上がるのかもしれないけど、僕の家にはなかったし、友達も持ってる家はほとんどありませんでした。

テリー あっちでは銃って、何歳から買えるの。

ジェイソン 18歳からかな。でも、免許が必要だし、買いたくなっても申請してから3日間は待たないといけないんですね。「殺してやる!」と思って買っても、頭を冷やすクーリングオフ期間がある(笑)。

テリー だけど時々、自分の家の庭に入ってきたからって撃っちゃう人もいるじゃない。

ジェイソン それはアメリカの法律上だと問題ないことになります。でも、そこで撃っちゃう人は、やっぱり異常ですよ。そんなには多くない。

テリー じゃあ逆に、日本でよくないな、と思ってるところは?

ジェイソン うーん、日本の教育は暗記がメインになっていて、それはアメリカとは真逆ですね。アメリカではまず、授業で自分の考えたことを説明したり、意見を言い合うのが当たり前。

テリー 確かに、日本は先生が黒板に書いたことをノートに写すのが授業だからね。テストで試されるのも、記憶力だし。

ジェイソン そうですよね。でも今は、人類の全ての知識がポケットに入る時代だから、暗記してるだけの人はあまり必要じゃなくなっていて。しかも、そういうタイプの人は全然仕事ができないんですよ。

テリー 確かにスマホとか持ってれば、何でもすぐに調べられるからなぁ。

ジェイソン このスマートウォッチに(と腕時計を見せながら)、「テリー伊藤、年齢」と言うだけで、年齢、誕生日がすぐに画面に出てきます。

テリー (画面を見て)何だよ、それ! じゃあ、有名人の誕生日を記憶してる林家ペーさんの芸が必要ないじゃない!

ジェイソン アハハハハ、今の時代は調べたほうが早いと思いますね。

テリー ぺーさん、かわいそうに(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?