芸能

石坂浩二の“発言カット”問題を過去放送回と見比べて検証してみた!

20160202ishizaka

 1月29日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、騒動となっている「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)の石坂浩二の出演シーン激減について直近の映像などを分析し、実際に石坂氏の発言がどれくらいあるのか検証した。

「以前はオープニングで司会の2人が掛け合いをするのが恒例でした。しかし、取り上げた回では石坂は『こんばんは』のひと言。そのほか1時間の番組内で石坂がしゃべったのは『はい』が2回あっただけ。メイン司会者でわずか3語では、恣意的にカットされていると思われても仕方ないでしょう」(芸能ライター)

 スタジオの小倉智昭もこの番組のファンだというが、

「今田(耕司)君は石坂さんのほうを向いてしゃべっているのに、石坂さんの声は一切聞こえてこない」「こんなのは不自然でしょ」と批判している。過去の放送回と見比べたという週刊誌記者もこう語る。

「3語は明らかに異常です。ちなみに島田紳助の最後の放送回(11年8月23日)の録画と見比べてみましたが、そのあまりの違いに驚きました。オープニングで紳助と猛暑の話で普通に話すのは、ゲストの松木安太郎の祖父が鰻屋を始めたという話を受けて、石坂は親戚が鰻屋を開業し、遊びに行ったら“汁かけ重”だった、というエピソードを披露するなど話が弾んでいました。『はい』レベルの相づちなら四六時中入っていましたよ」

 石坂への仕打ちを知って、番組を離れる視聴者も少なくないのでは?

(大門はな)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純のバストが急成長中!?大人ボディへの進化に戸惑う声も…
2
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
3
乃木坂46、「46時間テレビ」で続出した「艶っぽ突発事態」にファン過剰反応
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
石田ひかり“ホルモン剤治療”報告でなぜか上がった姉・石田ゆり子への心配