芸能

石坂浩二降板で後釜に据えられた不人気アナに疑問の声

20160203hukuzawa-2

 テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」の番組刷新で、長年貢献してきた石坂浩二が降板し、フリーアナウンサーの福澤朗が起用されると報じられた。しかし、一部ではこの報道に疑問の声があがっている。

「福澤はもともと日テレのエリートアナのレールに乗り、福留功男の後をついで『全国高校クイズ選手権』や『アメリカ横断ウルトラクイズ』、『ズームイン!!朝!』などを担当していました。しかし、そのわりには視聴者からの人気はいまひとつ。フリーになってからも、男性アナウンサーの人気ランキングはもちろん、不人気ランキングにも入らないほどパッとしていません」(週刊誌記者)

 確かに現在、テレビのレギュラーは「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ系)のみと、決して大活躍とはいえない。

「昨年8月にも『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に『勝手に他人を訓練するフリーアナウンサー』として登場。その勘違いぶり、空気を読めない態度がネット上で話題になりました。共演の坂上忍からも“上から目線”な態度を指摘されるような人物ですからね。そんな福澤に石坂の代わりが務まるのか。もっとも、番組の制作会社『ネクサス』のプロデューサーはもともと大手番組制作会社『イースト』出身で、福澤もイースト系の事務所所属。そんなバーターもあるのかもしれません」(前出・週刊誌記者)

 石坂の博識ぶりと番組の視聴率を超えられるのか。福澤のお手並み拝見だ。

(大門はな)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美