芸能

“ましゃロス”は完全終了!福山雅治の「月9爆死」危機を救うのは?

20160210fukuyama

 福山雅治が4月スタートのフジテレビ“月9”ドラマ「ラヴソング」で主演を務めることが発表され、話題となっている。

 40代独身で元プロミュージシャンの男を福山が演じ、一人の女性との出会いをきっかけに音楽で心通じ合わせ、人生を取り戻していくというヒューマンラブストーリー作品だ。福山が主演を務めるのは、13年に放送された同局のドラマ「ガリレオ」以来、約3年ぶりとなる。

 前作の「ガリレオ」が平均視聴率19.9%という高い数字を叩き出したこともあり、不振にあえぐフジテレビが「ラヴソング」に過剰なほど期待をかけているのは間違いない。ところが、ネット上の反応ははっきりいって冷ややかだ。

「昨年9月の吹石一恵との結婚は確かに世の女性たちに大きなショックを与えました。所属事務所のアミューズの株価が入籍発表の翌日に2年ぶりの大幅下落を記録したほどですからね。マスコミが中心となって“ましゃロス”なんて言葉も流行らせましたが、女性というのは切り替えも早い。福山ももう47歳ですし、『いい歳したオジサンのラブストーリーなんて観たくない』という類の書き込みが非常に多いです。“ましゃロス”は完全終了していますよ」(女性誌記者)

 実際に「今さら独身役をやるなんてバカにしてる」「ガリレオは東野圭吾の原作が面白かったから観た。くだらないラブストーリーなら観ない」「不貞のドラマなら面白そうだけど(笑)」と、ネット上にはフジテレビが期待した声とは正反対のコメントが並んでいる。

 また、福山以外のキャストがいまだ発表されていないこともあり、視聴率を左右するのはむしろヒロイン役のキャスティングとなりそうだ。テレビ関係者が明かす。

「現在、フジテレビサイドが候補にあげているのが、昨年の『NHK紅白歌合戦』にも初出場した現在20歳の大原櫻子。同局が彼女をゴリ押ししているのは有名ですが、年の差ラブストーリーなら視聴者も納得すると見ているようです。一方、福山サイドが推しているのが、同じ事務所の吉高由里子。『ガリレオ』でコンビを組んでいますし、久しぶりのドラマ出演となれば話題性も十分でしょう。吹石の存在を忘れさせるほど“アクの強さ”もありますしね。いずれにせよ、高視聴率を狙うならかなりの冒険がないと確実に尻つぼみになるのは間違いない」

 昨年暮れに発売されたベストアルバム「福の音」も期待されたセールスには及ばない結果となっている福山だが、ドラマではまだ神通力が残っているのか。注目したいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”