芸能

剛力彩芽も見習うべき?ゴリ押しの後輩・小芝風花が朝ドラで人気のワケ

20160216koshiba

 NHK朝ドラ「あさが来た」に、主人公・あさの長女役で1月30日から出演している小芝風花。2011年にオスカープロモーション主催のオーディションでグランプリとなった逸材だが、初主演映画「魔女の宅急便」ではヒロインのキキからかけ離れ過ぎているとの声があがるなど、当たり役に恵まれていないのが現状だ。そんな小芝について、テレビ誌のライターが解説する。

「田舎臭ささえ感じさせる素朴な表情が小芝の持ち味で、オスカーには珍しいタイプです。そんな見た目が受けるのか、きものクイーンコンテストのサポーターや神社の七五三広報大使、農協の『みかん広報委員』などを歴任。興行的にはイマイチだった『魔女の宅急便』でも日本映画批評家大賞の新人女優賞を獲得するなど、ちゃんと仕事を選べば評価されるタイプなんです」

 その小芝が「魔女の宅急便」で主演を務めたときは、またもやオスカー得意の「ゴリ押し」と批判されたもの。そのオスカーでは先輩の武井咲が主演した昨夏のドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)は一度も2桁視聴率を取れずに惨敗。剛力彩芽主演で4月スタートの「ドクターカー」(日本テレビ系)は早くも爆死必至と言われている。となると、「あさが来た」での小芝も批判されているのか。テレビ誌のライターが続ける。

「朝ドラでの小芝はかなり好評ですよ。明治時代の少女という役に、彼女の見た目や雰囲気がピッタリとハマっているんです。それでいてドラマを壊さない演技力も持ち合わせているので、小芝のことを知らない視聴者にも『可愛らしい娘っ子さん』として受け入れられています。やはり本人に適した役を与えるのがいかに大事なことかということですね」

 ちなみに剛力は「ドクターカー」にて、シングルマザーの新米医師というかなり無理のある役を強いられている。ここは小芝の成功を見習って、剛力にも彼女らしい役を見つけてあげてもらいたいものだ。ただし調理パンを手に踊るという役はやめておいたほうがいいかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」