芸能

剛力彩芽も見習うべき?ゴリ押しの後輩・小芝風花が朝ドラで人気のワケ

20160216koshiba

 NHK朝ドラ「あさが来た」に、主人公・あさの長女役で1月30日から出演している小芝風花。2011年にオスカープロモーション主催のオーディションでグランプリとなった逸材だが、初主演映画「魔女の宅急便」ではヒロインのキキからかけ離れ過ぎているとの声があがるなど、当たり役に恵まれていないのが現状だ。そんな小芝について、テレビ誌のライターが解説する。

「田舎臭ささえ感じさせる素朴な表情が小芝の持ち味で、オスカーには珍しいタイプです。そんな見た目が受けるのか、きものクイーンコンテストのサポーターや神社の七五三広報大使、農協の『みかん広報委員』などを歴任。興行的にはイマイチだった『魔女の宅急便』でも日本映画批評家大賞の新人女優賞を獲得するなど、ちゃんと仕事を選べば評価されるタイプなんです」

 その小芝が「魔女の宅急便」で主演を務めたときは、またもやオスカー得意の「ゴリ押し」と批判されたもの。そのオスカーでは先輩の武井咲が主演した昨夏のドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)は一度も2桁視聴率を取れずに惨敗。剛力彩芽主演で4月スタートの「ドクターカー」(日本テレビ系)は早くも爆死必至と言われている。となると、「あさが来た」での小芝も批判されているのか。テレビ誌のライターが続ける。

「朝ドラでの小芝はかなり好評ですよ。明治時代の少女という役に、彼女の見た目や雰囲気がピッタリとハマっているんです。それでいてドラマを壊さない演技力も持ち合わせているので、小芝のことを知らない視聴者にも『可愛らしい娘っ子さん』として受け入れられています。やはり本人に適した役を与えるのがいかに大事なことかということですね」

 ちなみに剛力は「ドクターカー」にて、シングルマザーの新米医師というかなり無理のある役を強いられている。ここは小芝の成功を見習って、剛力にも彼女らしい役を見つけてあげてもらいたいものだ。ただし調理パンを手に踊るという役はやめておいたほうがいいかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!