芸能

狩野英孝 「五股」公開ザンゲの裏で明かしていた“イケイケ”なテクニックとは?

20160225l

「五股騒動」で渦中の人となった芸人の狩野英孝(33)。テレビ番組でGカップモデルの加藤紗里(25)を「彼女」と認めた裏には、離れられないベッドでの“相性”があったようだ。

「ラーメン・つけ麺・僕イケメン」のギャグでおなじみの狩野が、恋愛トラブルで世間を騒がせている。そのきっかけになったのは、1月25日、歌手の川本真琴(42)がツイッターに投稿したつぶやきだった。

〈わたしの彼氏を取らないでください。一生一緒にいようって話してるし、思ってます〉

 96年にデビューしたあと、ファーストアルバムが100万枚を超える売り上げを記録した歌姫の告白は、物議を醸した。そして2月2日の「中日スポーツ」が、その相手が狩野だと報じたのだ。が、ここで事態は一変する。

「すぐさま加藤が自身のSNSで、昨年12月から狩野と事務所公認のうえで交際していることを公表しました。それだけではなく、川本のことを『ストーカー』とまで書いて批判したのです」(スポーツ紙記者)

 三角関係が発覚すると、川本は謝罪して問題のツイートを削除した。これで一件落着と思いきや、ネット上では、次々と「狩野のオンナ」が名乗りを上げて、ラインでのやり取りや証拠写真が流出。「五股」疑惑まで浮上したのだ。狩野と親しい芸人はこう話す。

「前の奥さんと別れたのも狩野の浮気が原因です。女癖の悪さは治らないでしょう。彼女がいても合コンやキャバクラに出会いを求めています。風俗みたいに金を払ったら抱けるというのは嫌いで、口説き落とすのがポリシーなんです」

 騒ぎを沈静化させるため、2月9日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に狩野は加藤と緊急出演。加藤について、

「僕の彼女。年末から(つきあっている)」

 と、本命宣言。ネット上に名乗り出た「五股」疑惑についても、「事実」だと認めて公開ザンゲした。

 多くの彼女候補の中から加藤を選んだ理由について、前出の芸人は狩野の“イケイケ性癖”を明かした。

「飲みの席で、酔っ払いながら加藤さんのことをベタボメしていた。プレイ中、彼女は手足が長くていろんな“形”を楽しめるんだって。狩野はSっ気が強く、シースルーの下着や白いネグリジェが大好物。モデルの加藤に着せて楽しんでいるようですよ」

 2月7日に更新された加藤のブログ記事では、

〈最近、ドMってことを知ってか、SNSで紗里に色々と強制してくる方が多いのですが そんなあんたに1つだけ言いたい「紗里を誹謗中傷するのは全然構わないけど、紗里を調教できるとは思わないで‥‥」以上。紗里はドMだけど、誰に対しても従うってわけじゃないから~〉

 と、Sの狩野と相性のよさを感じさせる。が、前出の芸人は2人の交際は長続きしそうにないと言う。

「狩野はスピードワゴンの井戸田潤さん(43)に憧れていて、『俺もいつか(井戸田の元妻の)安達祐実(34)みたいな有名人とつきあいたい!』と目標を語っていました」

 ご勝手にどうぞ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道