芸能

斎藤工主演「火村英生の推理」、視聴率アップした7話にクレームが殺到したワケ

20160303saito

 斎藤工主演ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(日本テレビ系)の視聴率が、6話の7.5%から9.1%に跳ね上がった。これまでは一話完結スタイルの同ドラマだったが、6話と7話は前後編作品。それが功を奏しての視聴率アップだとしたらなんとも皮肉な話だが、実はこの好視聴率だった7話に、視聴者からクレームが続発しているというのだ。

 問題となっているのはドラマのクライマックスで、事件の真犯人が殺人の動機を語るシーン。犯人は「好きな人がいるのに自分を誘惑してきた女に心動かされたことが耐えきれなくて‥‥」と話すのだが、これに視聴者が「くだらなすぎる動機」「そんな理由で殺すなよ」と、あまりの陳腐な設定に呆れた旨のコメントが殺到したのである。

 だが、原作小説を知るテレビ誌記者は「脚本家に問題がある」とこう話す。

「実はこの犯行動機、有栖川有栖の原作ではもっと深い理由があっての結果だったんです。前後編に分けて放送したのであれば、もっと登場人物の描写も掘り下げることができ、このような誤解は起きなかったはず。脚本家が原作をしっかり読み込めていないのではないでしょうか」

 さらに前出のテレビ誌記者は、後編7話の“ある不可解さ”についても指摘する。

「前後編のストーリーにも関わらず、脚本家が違うんですよ。しかも火村の謎解き場面を無駄に2度も“同じ尺”で挿入するなど、後編は明らかに“引き伸ばした”感がある。制作が間に合わないための苦肉の前後編だったのかと疑いたくなるくらいの雑な構成でした」

 せっかく上がった視聴率が、もったいない結果になったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“杏が離婚決意”報道で急浮上した東出昌大「謝罪会見で堂々と大ウソ」疑惑!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
浜辺美波が「彼氏がいたことない」白状、高校卒業後も“男性未経験”を継続中?
4
山咲千里、「現在の姿」に驚愕反応が続々も「含蓄ある発言」に賛同の声!
5
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!