社会

大勝軒“分裂抗争300日抗争”でクーデター派が勝利宣言!(2)山岸氏もネクタイ着用で参加した「丸長会」という組織

20160310f2nd

 さて、丸長会とはどんな組織なのか。会の発足は昭和34年と古く、

「現存するラーメン店の互助組織、いわゆるのれん会では日本最古の組織です」(坂口会長)

 そのルーツは昭和22年12月に遡る。初代会長の青木勝治氏が、坂口会長の父である正安氏らとともに、東京・荻窪に開店した「中華そば丸長」が会名の由来である。

「戦後の食糧難が続いていて、スープ作りに必要なガラなどの材料が手に入りにくい状況でした。そこでそば職人の経験を持つ青木氏が、煮干しやかつお節を取り入れ、試行錯誤の末に現在の大勝軒の原形とも言える和風スープを完成させたのです」(前出・坂口会長)

 当時は珍しかった魚介系スープが評判を集め、店舗は拡大。系列店で腕を磨いた坂口正安氏が、遠縁の山岸氏を誘って昭和26年に開業したのが「中野大勝軒」だ。スタッフの賄い食だったつけ麺が、同店で「もりそば」として初めて商品化されたことから、「つけ麺発祥の地」として知られる。

「人気店の店主といえども、当時、社会的にはなかなか認められませんでした。そこで会員がともに地位の向上を目指すとともに、相互扶助や親睦を目的に設立されたのが『丸長のれん会』です」(前出・坂口会長)

 丸長なしに、大勝軒はおろか、つけ麺も存在しなかった──。そんな思いがあったのだろう、山岸氏は「東池袋大勝軒」のマスターとして300人以上の弟子を育てながらも、丸長会の会合にはできるかぎり顔を出していたようだ。

「お店では頭に巻いたタオルがトレードマークでしたが、丸長会では紳士的なふるまいが求められますからね。他の会員同様、会合ではスーツにネクタイ着用でビシッと決めていましたよ。見込みのある若い弟子を連れていき重鎮に“披露”することもあったようです」(大勝軒関係者)

 山岸氏を師と仰いだ弟子にとって、丸長会はいわば総本家だ。つけ麺界の最上部組織との合流を受け、「守る会」事務局長の小汲哲郎氏はこう話す。

「私たちが本流だと認めていただいた。このひと言に尽きます」

 一周忌を控えた3月22日には、山岸氏を偲ぶ会を執り行う予定だ。

「お世話になった弟子たちが分け隔てなく一緒に集まって、きちんとお別れの挨拶をしたいですね」

 こう語る小汲氏の晴れ晴れとした表情は、“勝利”を宣言しているようだった。一方、「のれん会」にもFAXで取材を申し込んだが、丁寧な文面で「お断り」の返答があった。

 火葬場事件から始まった300日抗争は、老舗組織の英断で幕切れに向けて大きく動きだしている‥‥。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
紅白出場のAKB48で「支店メンバーは出ない」!?その2つの根拠とは
2
今回はお預け?氷川きよし、NHK紅白で“キャラ変”披露はナシ説の納得理由
3
深田恭子、加藤綾子…芸能人「いい夫婦の日」に続く年末年始婚ラッシュ予測!
4
2019年の「やらかし美女」が決定!下腹部見せの不貞女子アナが奇跡の戴冠
5
国母和宏の「保釈ガッツポーズ」にファンも「スノボが終わった」と強烈罵声