社会

大勝軒“分裂抗争300日抗争”でクーデター派が勝利宣言!(2)山岸氏もネクタイ着用で参加した「丸長会」という組織

20160310f2nd

 さて、丸長会とはどんな組織なのか。会の発足は昭和34年と古く、

「現存するラーメン店の互助組織、いわゆるのれん会では日本最古の組織です」(坂口会長)

 そのルーツは昭和22年12月に遡る。初代会長の青木勝治氏が、坂口会長の父である正安氏らとともに、東京・荻窪に開店した「中華そば丸長」が会名の由来である。

「戦後の食糧難が続いていて、スープ作りに必要なガラなどの材料が手に入りにくい状況でした。そこでそば職人の経験を持つ青木氏が、煮干しやかつお節を取り入れ、試行錯誤の末に現在の大勝軒の原形とも言える和風スープを完成させたのです」(前出・坂口会長)

 当時は珍しかった魚介系スープが評判を集め、店舗は拡大。系列店で腕を磨いた坂口正安氏が、遠縁の山岸氏を誘って昭和26年に開業したのが「中野大勝軒」だ。スタッフの賄い食だったつけ麺が、同店で「もりそば」として初めて商品化されたことから、「つけ麺発祥の地」として知られる。

「人気店の店主といえども、当時、社会的にはなかなか認められませんでした。そこで会員がともに地位の向上を目指すとともに、相互扶助や親睦を目的に設立されたのが『丸長のれん会』です」(前出・坂口会長)

 丸長なしに、大勝軒はおろか、つけ麺も存在しなかった──。そんな思いがあったのだろう、山岸氏は「東池袋大勝軒」のマスターとして300人以上の弟子を育てながらも、丸長会の会合にはできるかぎり顔を出していたようだ。

「お店では頭に巻いたタオルがトレードマークでしたが、丸長会では紳士的なふるまいが求められますからね。他の会員同様、会合ではスーツにネクタイ着用でビシッと決めていましたよ。見込みのある若い弟子を連れていき重鎮に“披露”することもあったようです」(大勝軒関係者)

 山岸氏を師と仰いだ弟子にとって、丸長会はいわば総本家だ。つけ麺界の最上部組織との合流を受け、「守る会」事務局長の小汲哲郎氏はこう話す。

「私たちが本流だと認めていただいた。このひと言に尽きます」

 一周忌を控えた3月22日には、山岸氏を偲ぶ会を執り行う予定だ。

「お世話になった弟子たちが分け隔てなく一緒に集まって、きちんとお別れの挨拶をしたいですね」

 こう語る小汲氏の晴れ晴れとした表情は、“勝利”を宣言しているようだった。一方、「のれん会」にもFAXで取材を申し込んだが、丁寧な文面で「お断り」の返答があった。

 火葬場事件から始まった300日抗争は、老舗組織の英断で幕切れに向けて大きく動きだしている‥‥。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
やはり大きくなってる!ローラのバストが“超絶進化”していたッ
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?