芸能

なぜあのラスト?広末涼子「ナオミとカナコ」の結末が明かされなかった事情

20160322hirosue

 3月17日に放送された広末涼子主演のテレビドラマ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)の視聴率が6.8%を記録。全話を通して最終回が最も低い視聴率となってしまった。

「初回視聴率7.9%でスタートした『ナオミとカナコ』ですが、その後も数字を上げることはなく、全話1ケタで完走。回を追うごとに視聴者が離れていく結果となりました。やはり夫殺しというテーマが、ファミリー層から避けられてしまった可能性があります」(テレビ誌記者)

 そんな同ドラマのラストは、殺人を犯したナオミとカナコ演じる広末涼子と内田有紀が海外逃亡を計画。そして警察がすぐ近くまで迫る中、2人が空港の出国審査を通過したところで物語は幕を閉じた。

 そのため、2人が逮捕されたかどうかは明かされず、結果は視聴者の想像に委ねる形となった。今回、ドラマのラストを曖昧にしたのには理由があるという。

「視聴者の目が厳しい昨今、殺人を犯した人間が逃げ切るというラストを明確に描いてしまうと、苦情が殺到するおそれがあります。そこで制作サイドは、あえて結末を曖昧にしたのでしょう。しかしその結果、ネットでは『結局、捕まったのか、逃げ切ったのかどっちなんだ?』『中途半端なラスト』と、スッキリしない結末に不満の声を上げる視聴者も目立ちました」(前出・テレビ誌記者)

 とはいえ、中国人社長演じる高畑淳子の熱演や、放送中のネット掲示板での盛り上がりなど、様々な話題を呼んだ「ナオミとカナコ」。視聴率は低くとも、視聴者の記憶には残るドラマになったのかもしれない。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
3
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
4
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)