芸能

韓流のゴリ押し?フジテレビ「ももクロの弟分」ゴリ押しに風評被害が勃発

20160329fujitv

 ももクロの弟分として2011年にデビューした7人組の男性グループ「超特急」が、地上波で初の冠番組となる「超特急のふじびじスクール!」(フジテレビ系)を4月3日にスタートさせる。昨年12月には東京・代々木第一体育館でのアリーナライブを成功させるなど、人気急上昇中の超特急だが、今回の冠番組がニュースになると、いわれのないバッシングを受けるようになったというのだ。テレビ誌のライターが教えてくれた。

「彼らのことを知らないネット民から『またフジテレビが韓流をゴリ押しか!』という批判が巻き起こっているのです。超特急はメンバー全員が日本人で、韓国とは何の関係もないのですが、結成当初から韓流グループに間違われることが多かったのも事実。しかもフジテレビは以前、韓流を推し過ぎていると批判されていましたから、誤解に拍車をかける結果になってしまいました」

 その超特急ではメンバーの名前がカイやユーキなどカタカナで表記されていたり、曲名がすべて英文字表記であることが、韓流との誤解を生む理由となっている。人気韓流グループの「超新星」と混同されることも多く、「日本語上手いじゃん」とまで言われる始末だ。一方でテレビ誌のライターは、こんな見方を教えてくれた。

「もし初冠番組がフジテレビ以外だったら、ここまでの騒ぎにはなっていなかったかもしれません。韓流偏重との批判から2011年には抗議デモにまで発展した経緯もあり、今でもフジテレビが韓流に優しいと信じているネット民は少なくありませんからね」

 思わぬ風評被害を受けた形の超特急だが、別の視点で見れば、グループの知名度がまだ全国区に達していないということでもある。今回の一件を発奮材料として、冠番組を持つのにふさわしい人気を獲得してもらいたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」