芸能

ゲス不貞!有名男女の“許せる・許せない”境界線!(2)育休中に不祥事を起こした宮崎謙介は一発アウト

20160414x

 続いて政界からは、妻の金子恵美衆議院議員(38)が出産入院中に自宅へ女性タレントを招き入れた宮崎謙介元衆議院議員(35)。国会議員初の育児休暇を申請するなど、男の育休を推進する立場だっただけに、世論は大きく批判に傾いた。

「正直、『男の育休』はともかく、国会議員が育児休暇を取る必要があるのか疑問です。少なくとも、コイツのためには税金を払いたくない」(芸能評論家・佐々木博之氏)

 と一発アウト。しかし、年上妻が「恥をかいてきなさい」と送り出した会見では、巨乳タレントとの不倫を認めたばかりか、別の女性との“余罪”までも問わず語り、最後は議員辞職を宣言するまでに追い込まれた。

「男たるもの、巨乳美女とのスキャンダルはうらやましすぎるというのが本音だが、たった一発で華麗な経歴がパーになるという当たり前の事実を教えてくれました」(フリーライター・尾谷幸憲氏)

 そんな宮崎元議員の不倫転落後の身の振り方を芸能評論家・織田祐二氏が指南する。

「根っからの女好きで、他の議員の女性秘書などにも『今から会いに行っていいですか~?』などとガンガンちょっかいを出していたようなので、今後は、名前を変えてナンパ塾の講師に転身することをお勧めします。名前はフリーン・ケンスケ。フリーンKなんてどうでしょう? 実績は十分なだけに成功するかもしれない」

 代わって、年下愛人との20年間にわたる交際が発覚した桂文枝(72)。お相手の演歌歌手・紫艶(38)は2人の写真がネット流出したことをきっかけに、19歳当時から不倫関係にあったことを告白した。

「20年もの間、愛人の面倒を見続けたというのは立派! 文枝師匠の律儀な性格を表している。ただ、会見はもっと笑いに徹するべきだった。『紫艶さん、いらっしゃーい、から始まった関係なんです』ぐらいのギャグを披露してもらいたかった」(前出・織田氏)

 前出の尾谷氏は、文枝の対応をこう非難する。

「いちばんまずかったのが最初の会見ではシラを切ったこと。これで相手は激怒し、赤裸々なメールのやり取りのほか、文枝の全裸写真までバラまかれるという最悪の事態を招いた」

 その後、紫艶は「人間国宝になってほしい」とエールを送りながらも、なぜかネット上には、司会を務める番組「新婚さんいらっしゃい!」(朝日放送)のロゴ入りクッションを抱えた文枝の全裸写真が再流出した。

「ここまでくるとリベンジポルノですよ。大阪では文枝はスジの悪い女に捕まったという同情論が多く聞かれる。その後、紫艶も写真誌でヌードを披露しただけに、2人そろってヘアヌードで両成敗ではどうでしょう」(芸能評論家・佐々木博之氏)

 オヨヨ、まさかの不倫ペアヌードがオチとは!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」