芸能

名作妖艶シネマ「このセリフが悩ましかった!」(5)「女優を知り尽くした三者」座談会-その2-

20160421v

コトブキ 世代的に僕は若いので、最近の作品でチョイスすると、神楽坂恵(34)ですね。夫となる園子温が撮った「冷たい熱帯魚」(11年、日活)で、凶暴な村田(でんでん)に「脱げよ」と追い詰められ、そのうち殴られて、感じ出して「もっと殴ってください」と懇願。神楽坂の見事なバストもそうですが、夫が妻のそういうシーンを撮るという構図もそそる。

──やはり、妖艶なセリフに胸の大きさは最高のマッチングですね。

秋本 それで思い出したのは、ひし美ゆり子(68)が「新仁義なき戦い 組長の首」(75年、東映)で演じたヤクザの情婦役。

大高 あれは傑作だった。抱かれた男が次々と死んでゆくから「下がりボンボン」と呼ばれている女。

秋本 菅原文太の前で、裸でベッドに横たわり「あんたは前からね、それとも後ろからね?」って迫る。

──死にたくないものだから、誰もがバックでしかやらないとこぼしていましたね。

秋本 ひし美の豊満なおっぱいがすばらしいし、「後ろからね?」と言う時は尻を突き出している。やっぱり、セリフに肉体の露出がプラスされると、説得力がまるで違う。

コトブキ 昭和のエロスを再現したとして、単館系の上映にもかかわらず、かなりの観客を集めたのが「海を感じる時」(14年、ファントム・フィルム)の市川由衣(30)ですね。

──かつてのアイドルが、本格的な濡れ場に挑んだと話題になりましたね。

コトブキ 完全なヌードを見せたし、恋人(池松壮亮)に対して「私、してくれなきゃ帰れない」と口にする。男の気持ちが冷めつつあるのを、体でつなぎ止めようとするセリフでした。

──今の世代の女優だと、二階堂ふみ(21)も評価が高いですね。

コトブキ 父と娘の禁断の愛というテーマに挑んだ「私の男」(14年、日活)ですね。父(浅野忠信)に向かって「お父さん‥‥しよう」と言うセリフは有名だけど、それ以上に「あの人は心が欲しいんだ。だからあげたんだ」という立場の逆転を表す言葉。ゾクッとしましたね。

秋本 イメージを一新させたという点では吉本多香美(44)もすごかった。ソープ嬢に扮した「皆月」(99年、日活)は忘れがたい。

──北村一輝にサラダオイルを塗りたくられて、アナルを犯される伝説の場面がありました。

秋本 セリフとしてはソープの客として知り合った奥田瑛二との濡れ場がいい。正常位で交わりながら「キスして、かき回して!」と絶叫。最後に奥田が再びインサートしようとすると「私を捨てちゃイヤだよ」と泣き出すセリフもリアルに響きましたね。

──ただ脱ぐだけではなく、脚本の質に左右されますね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”