スポーツ

「闇カジノ問題」バドミントン・桃田賢斗の知られざる素顔(2)問題の闇カジノの実態とは?

20160421a2nd

 闇カジノ「P」は新装開店から約2カ月後の昨年3月24日に警察の摘発を受けて閉店するまで、1億円以上を売り上げていたという。常連客の一人が語る。

「24時間営業で朝も夜も関係なくにぎわっていた。定期的に開催されるビンゴ大会では、100万円近い腕時計を賞品として客に提供することもあった」

 雑居ビルの最上階で営業していたカジノには、限られた人間しか入れなかった。

「ふだんはエレベーターにロックをかけていて、その階のボタンが押せないようになっていた。会員はビルの玄関口から店に電話をしないと入れないシステムになっていた」(前出・常連客)

「P」の利用希望者は入会時に身分証を提示。その場で顔写真を撮影され、「逮捕されても店は責任を取らない」などの条項が記された誓約書にサインをする必要があった。桃田もそうした手続きを踏んで会員になったという。

「桃田はマスクなどで変装せずに、実に堂々と出入りしていました。一般的にカジノでは食べ物や飲み物、さらにタバコまで全てタダ。『P』は専属のシェフを雇って、フードメニューに力を入れていたので、お客さんたちには好評でした。桃田も数量限定の特別メニューや定食類をおいしそうに食べていた、と別のスタッフから聞いたことがあります」(元従業員)

 そんな桃田を闇賭博の世界に引き入れたのが、所属するNTT東日本の先輩に当たる田児賢一(26)だ。

「田児は以前から歌舞伎町の闇カジノでも目撃されていて、練習場が近い錦糸町近辺で同じような店を探していた。そこでキャッチの案内でうちのカジノを知り、別の場所に移転してからすぐに桃田を連れてきたんです」(前出・元従業員)

 田児もまた実績十分の人気選手で、2人の蜜月は有名だった。

「ロンドン五輪日本代表で、全日本選手権6連覇を成し遂げた田児を追うように、桃田は高校卒業後の13年にNTT東日本に入社。バドミントン界の新旧エースである2人は、ナショナルチームの合宿所や、海外遠征などで寝食を共にし、オフでも親しい間柄だった」(スポーツ紙デスク)

 世界ランクでは桃田が上位でも、ギャンブラーとしては田児が上を行っていた。

「田児は筋金入りの勝負師。1日に2回、3回と来店することもあれば、半日以上カジノで過ごすこともありました。賭ける額も桃田とは桁が違い、顔色を変えずに100万円以上の大勝負を仕掛けていました。会見では10000万円以上負けたと言っていましたが、トータルでは500万円くらいのマイナスだと認識しています」(前出・元従業員)

 刑法学者で日大名誉教授の板倉宏氏が語る。

「今回の件は、現行犯でなくても、違法賭博場に繰り返し通っていたことから賭博罪に当たります。もちろん執行猶予は付きますが、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金を科せられることになります」

 違法賭博にハマった代償はあまりに大きい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋