スポーツ

プロ野球開幕「怒号と失笑のドタバタ事件」ロケットスタート!(2)DeNA・ラミレス監督は通訳の問題で…

20160421m

 DeNAも出足でつまずいた。池田純社長以下、フロントのIT方式の営業努力で満員御礼が続き、ビジネスは好調だが、チーム成績がついてこない。チーム内部からは「中畑さんが監督の時は、負けていてもいろいろと話題を提供してくれたので観客動員に影響はなかったが、発信力の落ちるアレックス・ラミレス監督(41)の場合、それがどう影響するか心配です」と不安の声が上がっている。おまけにラミレス監督は、日本語はほとんど理解できるが、雑談までは難しく、通訳が間に入る。その通訳が不慣れで、訳を省略することがあり、マスコミからブーイングも起きている。スポーツライターが明かす。

「キャンプ中に『ロペスを三塁で使ってみる』という重要なコンバート案をラミレス監督が語ったのに、通訳されなかった。今後、負けが込めば、ラミレス監督が問題発言をするかもしれませんが、都合の悪いことは通訳されないかもしれません」

 昨年は前半を首位で折り返した新マシンガン打線が武器だったはずだが、梶谷隆幸(27)、石川雄洋(29)が故障で開幕に間に合わず、バルディリスを解雇して獲得した新外国人ロマック(30)が打率1割にも満たずに早くも二軍落ち。チーム打率も2割1分1厘(4月8日現在)と、今や12球団一寂しい貧打線となっている。ラミレス監督は新外国人の獲得を求めているというが、今後も波乱含みだ。

 さて、一連の野球賭博事件で「球界の盟主」の名が地に堕ちた巨人では、内海哲也(33)や杉内俊哉(35)、大竹寛(32)の先発陣がケガや不調で二軍調整中。くじによる高校野球賭博に参加したと報じられた宮國椋丞(23)については、

「球団の事情聴取を受けている、と聞いています。巨人には他にも賭博に関与した選手がいるとの情報が消えません」(前出・スポーツライター)

 さらに、開幕直前に堤辰佳GM(50)みずからが、阿部慎之助(37)の二軍降格を発表する予想外の船出になった。阿部の捕手復帰が高橋由伸監督(41)体制の目玉だっただけに、球団にとっては大誤算。堤GMは降格の原因を「コンディション不良」とコメントしたが、「別の理由」もささやかれているようで、

「12年に発覚して以降も、たびたび密会が報じられたGカップグラドル、小泉麻耶(27)とのスキャンダルです。どうやら球団が間に入る形で『清算交渉』が行われているのだと。この問題に一定の結論が出ないと、一軍に上がることができないということですが、近々、決着がつきそうだと聞きました」(スポーツ紙デスク)

 これについて、球団関係者はこんな不穏な情報を明かす。

「小泉が何か阿部に関する秘密を握っているんじゃないか、という噂も流れています。それが賭博関連の問題ではないのか、とも。もしそれでトラブルになったら、将来の監督就任の目が危うくなる。慎重な交渉が必要でしょう」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!