芸能

藤原紀香、週刊誌記事への「品位なき反論」に梨園から冷ややかな視線が…

20160418fujiwara

 3月30日に歌舞伎役者・片岡愛之助と入籍した藤原紀香。翌31日には都内・帝国ホテルで豪華記者会見も行われた。

「さすが大物同士の入籍とあって、愛之助は紋付き袴姿、紀香はあでやかな着物に身を包んでの会見となりました。会見中は、紀香のテンションが高かったのに対し、愛之助が少し“引き気味”なのが印象的でしたね」(写真誌記者)

 それもそのはず、この記者会見自体主導権を握っていたのは紀香サイドだったのだ。

「31日の会見は、表向きは愛之助の所属する松竹サイドが運営した形になっていますが、実際は紀香の所属事務所の親会社、芸能界のドンの息のかかった“番頭”と呼ばれる大物が取り仕切っていました。照明の調整など細かいことまで松竹サイドの人間に指示していましたからね」(事務所関係者)

 本来なら梨園の妻は“一歩下がって夫を立てる”べきだというのに、初っ端からこれでは先が思いやられる。しかも「週刊文春」では、会見後の紀香と友人のオフレコトークまで掲載された。そこには紀香が子作りについて「46までは頑張る。ダメだったらアンジェリーナ・ジョリーみたいなの(養子)もいいと思う」と話していたという。

 この記事を読んだ紀香は4月8日の自身のブログで、「子供に関して46歳までに作りたいと懇願しているとか、アンジェリーナ・ジョリーみたいになりたいとか(中略)そんな話は、私の人生で言ったこともありませんよ~。(中略)幸せな人に水をさしたい人がいるのも、人間だからわかってまーす。だけど嘘はあきませーん」と記事の内容を真っ向否定してみせた。

 しかし、このブログがさらに梨園関係者から反感を買っているのだ。

「まず記事を否定する時の言葉遣いに問題があります。こういう時はもっと品位のある言葉で対応するべき。それ以前に、こういう報道に対しいちいち反論するのは梨園の妻としてあまり印象が良くない、という意見も上がっています。結婚記者会見でもそうでしたが、紀香さんは自分を前に押し出し過ぎ。歌舞伎役者の妻は夫を陰で支えるものとされるので、一部の梨園からは冷ややかな目で見られています」(歌舞伎関係者)

 しかも、ここにきて愛之助の「隠し子へのDNA鑑定要求」問題も急浮上。果たして、うまく乗り切って梨園の妻の座を守れるのか。最初の結婚の時よりも重い課題が、紀香の肩にはのしかかっている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!