芸能

前田敦子と大島優子 「国民的ライバル」に激闘2250日の真実!(4)

芽生えていた「卒業への決意」
 同じ映画の中で、昨年夏の西武ドームコンサートの様子も収録されている。研究生や後輩の様子を見て思わず前田が「私たちはいつかいなくなるんだよ、その時にはみんなが引っ張っていかなきゃいけないんだよ」と語気荒く叱責していたシーンが映し出されていた。
 恐らくその時すでに彼女の中で「卒業への決意」が芽生えていたのだろう。AKB48全体を引っ張っている自覚からきた危機意識だ。前田敦子はAKBを愛している。
 再び、時は3月のさいたまスーパーアリーナへ戻る。前田の卒業はごくわずかの人しか知らなかったという。所属事務所ですら知らなかった。相談を受けていた板野、篠田は「いつかそういう日が来るだろう」と覚悟はしていたが、まさかこの日だとは思っていなかっただろう。
 唯一、AKB48の約6年半の長い歴史を一緒に引っ張ってきた高橋みなみだけには直前に「言うよ」と小さい声で告げた。それが何を意味するのか高橋みなみにはすぐにわかった。
「正直、不安でいっぱいです。どうなるかわかりません。ですが、ここにこうしてたくさんいる後輩のためにも、私が卒業して歩きださなければいけないと思います」
 横でじっと話を聞いている高橋。最後の1曲を歌い終わって前田・高橋が手をつないでステージを去っていく後ろ姿はまるで台本のある映画の1シーンのようだった。
 AKB48を愛したまま卒業できる前田敦子は幸せだ。そして、14歳でAKB48に入り、人見知りで自分の気持ちを伝えることがとても苦手だった少女は20歳になり、はっきりと自分の言葉で自分の気持ちをファンに向かって直接言うことができるようになった。
 前田敦子の新しい夢はまだ始まったばかり。この先、どんな苦難が待ち受けているかわからないが、きっとこの6年半の経験を糧に乗り越えていくだろう。今年の前田は総選挙を見守るのみ。そして、宿命のライバルがいない寂しさを感じながらも、恐らくは大島が1位に返り咲くことだろう。
「前田のいないAKB」はファンにどんな姿を見せてくれるのか。カウントダウンはすでに始まっている。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手