芸能

美バスト女子アナの“極秘”「パィナマ文書」を公開!(2)TBS・宇垣美里アナを狙う局関係者があとを絶たない

20160428b

 続いては、TBSで最大ボリュームを誇る宇垣美里アナ(25)をリストアップ。局関係者が断言する。

「とにかくデカいのひと言に尽きます。今でこそ看板アナに成長しましたが、入社当時の顔が売れる前、あのバストにとあるスカウトマンが熱視線を送っていたのは有名な話です。本人も『渋谷を歩くとすごいの。スカウトに声をかけられて困っちゃう』という悩みを周囲に漏らしていました」

 街角だけでなく、宇垣アナの美しく大きいバストは局内でも注目の的だという。

「胸は推定Gカップの完璧な釣り鐘形。局内を歩くと、その釣り鐘が上下左右にユッサユサと揺れて『ゴーン』と音が聞こえてくるようです」(前出・TBS関係者)

 そんな宇垣アナは、ある飲み会で好きな男のタイプを聞かれ、

「芸能人よりは収入が安定したサラリーマンがいい」

 と答えて、男たちの喝采を浴びたという。

「これまでもテレビ朝日の男性アナや同僚テレビマンとの熱愛が噂されていたので、安定志向が強いのは確か。『オレにもチャンスあり』とアタックを仕掛ける局員があとを絶ちません」(前出・TBS関係者)

 芸能評論家の織田祐二氏も、宇垣アナの推定Gカップをこう査定する。

「担当する『スーパーサッカー』で見せたドリブルでは、足元のボールさばきよりプルプル揺れる上の2個のボールのほうが気になってしまった。早朝の『あさチャン』は4月からリニューアルし、胸の膨らみがわかる左斜め前からのアングルを多用するなどサービスカットのバリエーションが増えました。日ざしが強まる夏には野外ロケで透けブラを見せてほしいですね」

 宇垣アナの1年後輩に当たる宇内梨沙アナ(24)は、4月から「NEWS23」のスポーツ担当に抜擢された。

「3月初めに小林悠アナが電撃退社したことで回ってきた棚ボタ的な起用ですが、お色気路線で頑張っています。ロケット乳と呼んでもいい張りのよさで、今注目の巨乳アナと言えます」(女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏)

 お次は日テレの女王を徹底調査。大食いぽっちゃりアナとして好感度の高い水ト麻美アナ(29)だ。局プロデューサーはこう話す。

「世間は何でもたくさん食べるいい子というイメージだろうけど、素顔はちょっと違う。今や日テレのエースどころか3年連続で『好きな女子アナ1位』を獲得しているだけに、退職されたら困ると周囲は水トアナの言いなり状態。昨年はジャニーズタレントとの交際も発覚したが、以前には局内の上司ともイイ関係になってキャリアアップにつなげたそうで、意外と計算高いのです」

 男関係では“美食家”で知られる水卜アナだが、

「タイトな衣装を着た時の横乳は見応え十分。ただ、最近またしても太り始めているのが気になります」(前出・丸山氏)

 暴飲暴食に要注意!?

 水トアナとプライベートでも親しいのが後輩の徳島えりかアナ(27)だ。スポーツ紙デスクが打ち明ける。

「推定Dカップの水トアナよりバストサイズがワンランク下の徳島アナは、美人顔のせいでいつも怒っているように見えますが、大物タレントの前では媚びを売る面も。そんな彼女の武器は胸ではなく、ミニスカ美脚です」

 同じく水ト一派の岩本乃蒼アナ(24)は揺れ乳で勝負に出た。

「色が白いだけにモデル出身のお嬢様だとばかり思っていたら、今年2月の東京マラソンではしっかり完走し、なかなかやるもんだと見直されたばかり。しかも、ピッタリしたランニングウエアの下で、意外にふくよかな胸がユッサユッサと弾んでいた。マラソン中は乳首がこすれないようにスポーツブラでキツく締めつけているはずなのにあれだけ揺れるのだから、意外に美白巨乳の持ち主かもしれない」(前出・スポーツ紙デスク)

 来年の東京マラソンが待ち遠しい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!