芸能

美バスト女子アナの“極秘”「パィナマ文書」を公開!(2)TBS・宇垣美里アナを狙う局関係者があとを絶たない

20160428b

 続いては、TBSで最大ボリュームを誇る宇垣美里アナ(25)をリストアップ。局関係者が断言する。

「とにかくデカいのひと言に尽きます。今でこそ看板アナに成長しましたが、入社当時の顔が売れる前、あのバストにとあるスカウトマンが熱視線を送っていたのは有名な話です。本人も『渋谷を歩くとすごいの。スカウトに声をかけられて困っちゃう』という悩みを周囲に漏らしていました」

 街角だけでなく、宇垣アナの美しく大きいバストは局内でも注目の的だという。

「胸は推定Gカップの完璧な釣り鐘形。局内を歩くと、その釣り鐘が上下左右にユッサユサと揺れて『ゴーン』と音が聞こえてくるようです」(前出・TBS関係者)

 そんな宇垣アナは、ある飲み会で好きな男のタイプを聞かれ、

「芸能人よりは収入が安定したサラリーマンがいい」

 と答えて、男たちの喝采を浴びたという。

「これまでもテレビ朝日の男性アナや同僚テレビマンとの熱愛が噂されていたので、安定志向が強いのは確か。『オレにもチャンスあり』とアタックを仕掛ける局員があとを絶ちません」(前出・TBS関係者)

 芸能評論家の織田祐二氏も、宇垣アナの推定Gカップをこう査定する。

「担当する『スーパーサッカー』で見せたドリブルでは、足元のボールさばきよりプルプル揺れる上の2個のボールのほうが気になってしまった。早朝の『あさチャン』は4月からリニューアルし、胸の膨らみがわかる左斜め前からのアングルを多用するなどサービスカットのバリエーションが増えました。日ざしが強まる夏には野外ロケで透けブラを見せてほしいですね」

 宇垣アナの1年後輩に当たる宇内梨沙アナ(24)は、4月から「NEWS23」のスポーツ担当に抜擢された。

「3月初めに小林悠アナが電撃退社したことで回ってきた棚ボタ的な起用ですが、お色気路線で頑張っています。ロケット乳と呼んでもいい張りのよさで、今注目の巨乳アナと言えます」(女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏)

 お次は日テレの女王を徹底調査。大食いぽっちゃりアナとして好感度の高い水ト麻美アナ(29)だ。局プロデューサーはこう話す。

「世間は何でもたくさん食べるいい子というイメージだろうけど、素顔はちょっと違う。今や日テレのエースどころか3年連続で『好きな女子アナ1位』を獲得しているだけに、退職されたら困ると周囲は水トアナの言いなり状態。昨年はジャニーズタレントとの交際も発覚したが、以前には局内の上司ともイイ関係になってキャリアアップにつなげたそうで、意外と計算高いのです」

 男関係では“美食家”で知られる水卜アナだが、

「タイトな衣装を着た時の横乳は見応え十分。ただ、最近またしても太り始めているのが気になります」(前出・丸山氏)

 暴飲暴食に要注意!?

 水トアナとプライベートでも親しいのが後輩の徳島えりかアナ(27)だ。スポーツ紙デスクが打ち明ける。

「推定Dカップの水トアナよりバストサイズがワンランク下の徳島アナは、美人顔のせいでいつも怒っているように見えますが、大物タレントの前では媚びを売る面も。そんな彼女の武器は胸ではなく、ミニスカ美脚です」

 同じく水ト一派の岩本乃蒼アナ(24)は揺れ乳で勝負に出た。

「色が白いだけにモデル出身のお嬢様だとばかり思っていたら、今年2月の東京マラソンではしっかり完走し、なかなかやるもんだと見直されたばかり。しかも、ピッタリしたランニングウエアの下で、意外にふくよかな胸がユッサユッサと弾んでいた。マラソン中は乳首がこすれないようにスポーツブラでキツく締めつけているはずなのにあれだけ揺れるのだから、意外に美白巨乳の持ち主かもしれない」(前出・スポーツ紙デスク)

 来年の東京マラソンが待ち遠しい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス