スポーツ

元力士が実名告発!バクチ関取の捜査逃れは許さない!(3)賭博の件で直撃すると…

20160505_12a3rd

 新たに明らかになった、隠岐の海の賭博常習実態。春巡業が終わった翌日、八角部屋の稽古場から出てきた隠岐の海を直撃した。

──古市さんをご存じですよね。彼の口から隠岐の海関の名が登場し、野球賭博に相当ハマッていたということなんですが。

「自分にとっては、もう終わった話ですよ」

──レターパックに300万円を入れて、胴元の梓弓に返したんですよね。

「そのことも警察や協会の事情聴取で全部話しましたよ。確かに当時、自分は野球賭博に夢中になっていた。でも反省して、二度と野球賭博はしないと誓い、稽古に励んでいます」

──レターパックの件はまだ明るみに出ていなかった。

「こんなことが蒸し返されて大きく取り上げられたら困るんですけど。自分としては何もかも協会に告白し、やましいところはありません」

 なお、豪栄道にも相撲協会を通じてコメントを求めるとともに、「処分のしかたと幕引きはおかしい」という古市氏の主張についての見解も求めたが、締め切りまでに回答はなかった。

 相撲界は勝負師の集団だけに、野球賭博のみならず、さまざまな博打に明け暮れる力士が少なくない。

「昔は巡業に出かける夜行列車の中で丁半博打をやっていた。力士はそんな環境の中で育つから、博打に対してまったく抵抗がなかった」(元力士)

 日常的に下地があったというのだ。古市氏に実例をあげてもらおう。

「有名なのは、伊勢神宮の奉納土俵入りを含めた巡業ですよ。あそこはね、伊勢神宮の中に宿舎があって、大相撲の一行が宿泊できる建物があるんです。夜になると何百人もが布団を敷いて寝る大部屋では若い衆を廊下に追い出して、関取衆がオイチョカブをやるんですよ。万札が飛び交ってましたね。誰が参加していたか、細かくは覚えていないが、人気力士もいた。ええ、毎年の恒例行事でしたよ。野球賭博が事件になって以来、やっているかどうかはわからないが‥‥」

 神聖な伊勢神宮が賭場と化す異様な実態である。

 古市氏の実家は大相撲力士を輩出した相撲道場だが、春場所が終了すると、古市氏の父親が押尾川部屋の力士十数名と後援者120~130人を招待して、チャンコ会を開催。夜は夜で、大広間は博打場と化したという。

「親父は小遣いとして、幕下以下の力士には十数万円、関取には30万円を渡していたが、日が暮れると大広間は博打場に変身する。ものすごい熱気でした」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!