エンタメ

梶原一騎の「御殿と遺品」危機で長男を独占直撃!(1)「帝王」の顔と「父」の顔

20160519a1st

 漫画原作者として数々の名作を残し「帝王」と呼ばれた故・梶原一騎氏。円熟期に相次ぐ暴力事件が報じられ表舞台から姿を消したが、代表作「巨人の星」開始から50年の今、「梶原御殿」と遺品が危機に直面している。その長男が知られざる父の素顔と事の真相を明かした!

「私は名前が城なので、少年時代は当然のように『あしたのジョー』を夢中になって読んでいました。その他には、野球をやっていたので、『侍ジャイアンツ』が好きでしたね」

 懐かしむように柔和な表情で亡き父の作品をあげるのは、漫画原作者や映画プロデューサーとして活躍した故・梶原一騎氏の長男・高森城氏(47)である。

「巨人の星」「タイガーマスク」「柔道一直線」「愛と誠」「男の星座」など、これまで数多くの名作をこの世に残してきた梶原氏。だが一方で、スキャンダルとも隣り合わせの人生だった。

 円熟期に入った80年代には講談社社員に対する傷害事件を皮切りに、赤坂のクラブホステス暴行未遂事件が報じられる。人気作家として、また空手団体のトップとして生きた太く短い人生はわずか50年で幕を閉じた。一方で「父」としての梶原氏は、城氏にどう映ったか──。

「3歳の時に両親が離婚して、母に引き取られているので、小中学校時代に父と会うのは年に4回くらい。リビングで一緒に過ごしていると、子供たちに『そこに並んで、1人ずつ順番に歌え』と命じられました。弟が近藤真彦の曲などを歌い、父も気分が乗ったら、アカペラで流行歌を口ずさんでいましたね」

 城氏が16歳の時、両親は復縁し、東京・大泉の自宅で暮らし始めた。大きい存在の父親に対する尊敬や憧れはあったが、時折、言いしれない威圧感に襲われることもあったという。

「怒った時は“気”だけで押し潰されるような怖さを感じましたね。背中を向けていても、すぐにわかるんです。父には子育てに明確なルールがあって、それは世間一般で絶対に正しいかではなく、父の中だけで決められていました。例えば、離婚している間、弟は父と暮らしていたので、母のことを『お母さん』と呼びにくかったそうです。てれ隠しもあって下の名前で『あっちゃん』と呼んだら、父が一瞬で血相を変えて、『俺の女房に何て呼び方しているんだ!』と怒号が飛びました」

 梶原家では、家の玄関を利用できるのは梶原氏と妻の篤子さんだけで、子供たちは勝手口を使用。梶原氏が帰宅したら、子供たちは必ず玄関に迎えに行くなど、厳格な決まり事があった。一方で、世間的な「父親」の一面も当たり前のようにあった。

「高校生だったある日、門限を決められたことがあって、それが午後5時30分なんです。真夏で太陽も高い。遊びたい盛りなので5時半以降も普通に遊んでいました。ところが帰ってきたら、家の鍵はおろか、雨戸まで全部が閉められているんです。私が慌てていると家の中から父の気配がして、『こんな遅くに帰ってくる子は、うちの子じゃありません~』と、うれしそうな声で言うんです。世間にはダークなイメージを残して他界しましたが、家庭では優しい一面もあった。『教育』という面で手を上げて叱ることはありましたが、決して『暴力』ではなかった。父に本気で殴られていたら、私はこの場にいないでしょう(笑)」

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」