芸能

シャーロット外しでV字回復!「OUR HOUSE」が狙うのは「ラヴソング」への下克上!?

20160519ashida

 フジテレビの2大爆死ドラマが、最新回で明暗を分けた。福山雅治主演の「ラヴソング」は5月16日の放送回で、月9史上で最低視聴率の6.8%に惨敗。それに対して芦田愛菜主演の「OUR HOUSE」は、5月15日放送回が前回比で1.4%も上昇し、最高を記録したのである。そんなV字回復を果たした理由を、テレビ誌のライターはこのように分析する。

「第5話ではシャーロット・ケイト・フォックスの出番を減らし、芦田愛菜を軸としたホームドラマの色彩を強めたことが正解だったと思われます。末妹役の松田芹香が幼稚園で友達を噛むというエピソードは、子育て世代なら切実に感情移入できるので、物語に惹き込まれた人も多かったでしょう。親の国際結婚から子供の成長に焦点を変えたことで、今後も視聴率の向上が見込めそうです」

 そんな「OUR HOUSE」が今後、達成できそうな現実的な目標が見えてきた。それは「ラヴソング」の視聴率を上回ること。前出のテレビ誌ライターはこんな見込みを語る。

「これまで両ドラマの視聴率には4%以上の開きがありましたが、最新回ではその差が1.4%まで迫りました。『ラヴソング』には回復の兆しが見えないため、逆転も決して不可能ではありません。そうなれば『芦田が福山に勝った!』と大きな話題となり、さらに視聴者を呼び込めるはず。日9ドラマが月9ドラマに勝つ日が来たら、まさに爽快でしょうね」

 低視聴率に爆死していたと思ったら、いつの間にか「福山に視聴率で勝つ」チャンスを手に入れていた芦田。天才子役の持つ運は、やはり相当なもののようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション