芸能

シャーロット外しでV字回復!「OUR HOUSE」が狙うのは「ラヴソング」への下克上!?

20160519ashida

 フジテレビの2大爆死ドラマが、最新回で明暗を分けた。福山雅治主演の「ラヴソング」は5月16日の放送回で、月9史上で最低視聴率の6.8%に惨敗。それに対して芦田愛菜主演の「OUR HOUSE」は、5月15日放送回が前回比で1.4%も上昇し、最高を記録したのである。そんなV字回復を果たした理由を、テレビ誌のライターはこのように分析する。

「第5話ではシャーロット・ケイト・フォックスの出番を減らし、芦田愛菜を軸としたホームドラマの色彩を強めたことが正解だったと思われます。末妹役の松田芹香が幼稚園で友達を噛むというエピソードは、子育て世代なら切実に感情移入できるので、物語に惹き込まれた人も多かったでしょう。親の国際結婚から子供の成長に焦点を変えたことで、今後も視聴率の向上が見込めそうです」

 そんな「OUR HOUSE」が今後、達成できそうな現実的な目標が見えてきた。それは「ラヴソング」の視聴率を上回ること。前出のテレビ誌ライターはこんな見込みを語る。

「これまで両ドラマの視聴率には4%以上の開きがありましたが、最新回ではその差が1.4%まで迫りました。『ラヴソング』には回復の兆しが見えないため、逆転も決して不可能ではありません。そうなれば『芦田が福山に勝った!』と大きな話題となり、さらに視聴者を呼び込めるはず。日9ドラマが月9ドラマに勝つ日が来たら、まさに爽快でしょうね」

 低視聴率に爆死していたと思ったら、いつの間にか「福山に視聴率で勝つ」チャンスを手に入れていた芦田。天才子役の持つ運は、やはり相当なもののようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声