芸能

市川紗椰の「ユアタイム」降板をタモリが待ち望んでいる!?

20160519ichikawa

 ショーンK氏の学歴詐称問題でスタート前からケチがついた「ユアタイム」(フジテレビ系)の苦戦が続いている。視聴率が2%を記録する日もあるほどで、9月でのテコ入れは確実と見られている。槍玉に挙げられているのがショーンK氏に代わってメインキャスターを務める市川紗椰だ。

「そもそも市川はショーンK氏の隣に座って時々コメントする程度のいわばお飾りにすぎなかった。それがメインになったところでちゃんとしたMCができるわけがありません。原稿は噛みまくりですし、コメントは明らかに勉強不足。9月に降板させられる可能性は高そうです」(テレビ関係者)

“ポスト滝クリ”とも言われるハーフ美人がいなくなってしまうのは寂しいが、一方で彼女の降板を密かに喜んでいる人たちがいるという。

「それは鉄道ファンのオヤジたちですね。芸能界には鉄道好きを宣言する女性タレントが何人かいますが、そのほとんどは仕事を取るために“鉄”のフリをするニワカファンです。ところが彼女は本物の鉄道ファンとして鉄オタから支持されています。特に『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)の鉄道企画に出演した時の彼女は高く評価されていました」(週刊誌記者)

 タモリから寵愛を受けていたようで、2014年3月に初登場すると瞬く間に準レギュラーに。昨年には「タモリ電車クラブ」の会員として認められるまでになっている。同番組の鉄道企画に欠かせない存在になりつつあったが、「ユアタイム」との両立は難しいのか出演することはなくなってしまった。先日3週にわたって放送された京都鉄道博物館と京阪電車の企画でも彼女の姿はない。

「『ユアタイム』の出演がなくなれば、タモリ倶楽部に復帰できるはずです。以前、番組で車両基地を訪れた時、彼女は暑い中作業着にヘルメット姿でたっぷりと汗をかきながら見学していました。作業着の美人が汗だくになっている姿はとても興奮させられましたね。またそんなシーンが見られるのではと鉄道ファンは期待して待っているようです。もちろん、その中にはタモリも含まれるのではないでしょうか」(鉄道ライター)

「ユアタイム」での窮屈そうな姿より、生き生きと電車を語る彼女が帰ってくる日を待ちたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化