芸能

市川紗椰の「ユアタイム」降板をタモリが待ち望んでいる!?

20160519ichikawa

 ショーンK氏の学歴詐称問題でスタート前からケチがついた「ユアタイム」(フジテレビ系)の苦戦が続いている。視聴率が2%を記録する日もあるほどで、9月でのテコ入れは確実と見られている。槍玉に挙げられているのがショーンK氏に代わってメインキャスターを務める市川紗椰だ。

「そもそも市川はショーンK氏の隣に座って時々コメントする程度のいわばお飾りにすぎなかった。それがメインになったところでちゃんとしたMCができるわけがありません。原稿は噛みまくりですし、コメントは明らかに勉強不足。9月に降板させられる可能性は高そうです」(テレビ関係者)

“ポスト滝クリ”とも言われるハーフ美人がいなくなってしまうのは寂しいが、一方で彼女の降板を密かに喜んでいる人たちがいるという。

「それは鉄道ファンのオヤジたちですね。芸能界には鉄道好きを宣言する女性タレントが何人かいますが、そのほとんどは仕事を取るために“鉄”のフリをするニワカファンです。ところが彼女は本物の鉄道ファンとして鉄オタから支持されています。特に『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)の鉄道企画に出演した時の彼女は高く評価されていました」(週刊誌記者)

 タモリから寵愛を受けていたようで、2014年3月に初登場すると瞬く間に準レギュラーに。昨年には「タモリ電車クラブ」の会員として認められるまでになっている。同番組の鉄道企画に欠かせない存在になりつつあったが、「ユアタイム」との両立は難しいのか出演することはなくなってしまった。先日3週にわたって放送された京都鉄道博物館と京阪電車の企画でも彼女の姿はない。

「『ユアタイム』の出演がなくなれば、タモリ倶楽部に復帰できるはずです。以前、番組で車両基地を訪れた時、彼女は暑い中作業着にヘルメット姿でたっぷりと汗をかきながら見学していました。作業着の美人が汗だくになっている姿はとても興奮させられましたね。またそんなシーンが見られるのではと鉄道ファンは期待して待っているようです。もちろん、その中にはタモリも含まれるのではないでしょうか」(鉄道ライター)

「ユアタイム」での窮屈そうな姿より、生き生きと電車を語る彼女が帰ってくる日を待ちたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」