スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「デンコウアンジュの好勝負必至」

20160526zz

 今週は東京で「オークス」が行われる。桜花賞馬ジュエラーが剥離骨折で離脱したことに加え、2歳女王も不在。牝馬クラシック第2弾は、一気に大混戦の様相を呈してきた。はたして樫の女王の座に就くのは、どの馬か。

 今週はオークス。振り返ってみると桜花賞上位組の活躍が目立つが、今年はどうだろう。桜花賞馬ジュエラーは骨折で断念。その桜で1番人気だったメジャーエンブレムは、マイル路線にホコ先を向け、先のNHKマイルCを快勝。登録すらしなかった。

 では、桜でジュエラーと大接戦を演じたシンハライトが最有力候補となるが、420キロ台の小柄な牝馬。関東までの初の長距離輸送がどう出るか。不安材料であることは確かだろう。

 以下、有力どころは能力的にほぼ互角。各馬の前走を振り返ってみて“これなら本番は”と強く推せる内容のよさはなく、結果はともかく、桜花賞とは一転して混戦模様と言っていいのではないか。

 馬単導入後、これまでの13年間、その馬単で万馬券になったのは5回(馬連も同じ)。1番人気馬は3勝(2着3回)。2番人気馬は2勝(2着2回)。この間、1、2番人気でワンツーと手堅く収まったこともあったが、やはり順当に収まりにくいGIと言っていいだろう。

 では、シンハライト以下の有力どころを見てみよう。フローラS快勝のチェッキーノ。同じオークストライアルのスイートピーSで1、2着のジェラシー、フロムマイハート。桜花賞3着アットザシーサイド。フラワーC勝ちのエンジェルフェイス。そして、フロンテアクイーンにロッテンマイヤーといったところ。が、いずれも強い印象はなく、信頼性に乏しい。

 こうしたところなら、近走の成績が冴えなくても、曲がりなりにも桜花賞戦線で上位争いを演じた馬を見直してみても悪くない。

 そんな中で浮かび上がってくるのが、デンコウアンジュである。桜花賞でも主力に推したが、結果は10着と期待を裏切ってくれた。しかし冷静に振り返ってみると、負けるべくして負けたと言わざるをえない。

 今季初戦、休み明けだった前々走のチューリップ賞は、勝ち馬とコンマ3秒差の5着。当然、桜花賞は一度使われての変わり身を見込まれていた。が、蓋を開けると前走時から8キロ減の442キロ。デビュー以来、最低の体重での出走となった。だからだろう、パドック(下見所)では珍しく落ち着きを欠いていた。

 レースでは出遅れて後方から。直線はインに入って末脚を伸ばそうとしたが、今度はあっという間に行く手をふさがれ、まったく競馬にならなかった。不完全燃焼と言っていい内容で、レース後、騎手も反省の弁を口にしていた。が、それでいてシンハライトとは1秒差、5馬身ちょいの差だった。これなら十分に挽回は可能と言っていい。

 この中間は立て直しに成功。ふっくらとした好馬体で、体重は元に戻り、稽古の動きは軽快かつリズミカル。「雰囲気が実にいい。本来の姿にすっかり戻っている」と、厩舎関係者が口をそろえるほどだ。ならば、あらためて期待していいのではないか。

 周知のとおり、アルテミスSでは、2歳女王でNHKマイルC勝ちのメジャーエンブレムを一気に差し切って見せた実力の持ち主。能力の高さは明らかだ。

 ダービー馬メイショウサムソン産駒で、母の父は凱旋門賞馬。2400メートルの距離は望むところで、好勝負必至と見た。

 もう1頭、お勧めしたいのは、ビッシュ。目下、抽選対象(5分の4)だが、入ればこれも間違いなく好勝負になる。前走は緩いペースの中、後方から行きすぎたが、体重が減っていて状態もよくなかった。マタハリ(GI仏1000ギニー)など近親、一族に活躍馬が多くいる良血。“一発”十分だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?