芸能

小遊三・たい平らが明かす「笑点」50年!ここだけの噺!(2)飲まない噺家の方が出世する

20160526y2nd

 82年には、その三波が突如病死する。小遊三とのケンカ腰の掛け合いで人気を博した、桂才賀(65)は80年から88年の大喜利メンバー。九代目桂文治の門を叩いた時に、「入門したければ自衛隊に3年入隊しなさい」と言われ、海上自衛隊から噺家に。異色の出自を持つ才賀は、

「三波さんには、とにかくかわいがってもらった」

 と言いながら、三波の思い出を語る。

「私は当時から今まで、少年院や刑務所の慰問を続けているんですが、『笑点』に出ているなら、と受け入れてくれるケースがすごく多い。刑務所にまで影響するくらいすごい人気、ってことですね。三波さんは私が慰問やってることを知っててくれたんで、“ムショ帰りの噺家”っていうキャラクターを考えてくれたんです。これがまあウケたウケた(笑)」

 番組には、三波の言葉を真に受けた視聴者から、

「何でムショ帰りなんかテレビに出すんだ!」

 というクレームも入るほどだったという。その絶大な影響力で、俳優として抜擢されたこともあった。

「私は夏目雅子さん主演の映画『鬼龍院花子の生涯』(82年)に出させていただいたんですが、それも『笑点』のおかげなんですよ。番組を観た五社英雄監督が、オーディションなしで私を抜擢してくださったんです!」(前出・才賀)

 三波急逝の翌年から五代目三遊亭圓楽があとを引き継ぐ。初期からの大喜利メンバーだった圓楽は、

「本業の落語を磨きたい」

 という理由で77年に番組を降板したが、圓楽司会就任以降、番組は長く続く黄金期を迎えることとなった。小遊三が笑いながら振り返る。

「圓楽師匠の復帰と僕が大喜利メンバーに加入したのは同じ年なんです。圓楽師匠はああいう大ざっぱな師匠だから、僕が手を上げても『ええと、木久ちゃん!』なんつって指されるのもしょっちゅうでした」

 師匠のこん平が04年に病に倒れ、座布団に座ることになったたい平。だが、出演当初なかなか圓楽が指してくれなかった。

「何か失礼なことをしたでしょうか? って聞きに行ったんです。そしたら『本番になるとキミの名前がわかんなくなっちゃうんだよね』って。『オレンジのヤツがチラチラ手をあげてるけど、誰だったかなぁ』って思うそうなんです(笑)」(たい平)

 収録は土曜日。毎週、終わると後楽園の近くの蕎麦店「葵」で打ち上げを行っていたという。前出の小遊三が懐かしむ。

「こん平師匠と当時のプロデューサーが酒好きでね。毎回朝まで。次の日に落語の会が入ってるとかそういうのは関係ない(笑)。今はそんなこと絶対できないけど、まだ若かったからね。当時はバブルの真っ最中で、ハワイやら香港やらに番組で連れて行ってもらってました。とにかくやたらめったらおもしろかった。ふわふわーっとした楽しい思い出をみんなと共有した、っていう記憶がありますね。僕の青春ですよ」

 打ち上げでも飲まなかったのが、ともに司会となった圓楽と歌丸だった。

「あの2人が飲んでた日にゃあ、番組潰れてたんじゃないかね。酒飲みより、酒飲まないほうが噺家は出世するね(笑)」(前出・小遊三)

 新司会候補と言われる円楽は飲むそうだが、はたして‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人
5
火遊びOK!?上白石萌歌「大好きな俳優と出演作」が物語る「アブない性衝動」