芸能

「ラヴソング」藤原さくらが番宣で見せた「女優としての自分」への“違和感”

20160523fujiwara

 月9ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)のヒロインを務める藤原さくらが、5月18日放送の「指原カイワイズ」に出演。主演の福山雅治と同じ事務所の後輩で、演技経験が皆無にも関わらずヒロインに“ゴリ押し”されたとの噂でも注目されているが、女性誌のライターはそんな藤原の仕草に注目していたという。

「印象的だったのはヒロインオーディション時のVTRとスタジオトークの両方で、自分を抱きしめるように腕をお腹に巻きつける仕草を見せていたことです。これは『自己接触行動』の一つで、普通は髪の毛や顔を触ることで緊張感を抑えるもの。それに対して自分を抱きしめるのは不快感の表れと言われており、女優としての自分に違和感を持っている様子がありありでした。表情も全体的に暗く、すぐにうつむいてしまっていましたね」

 そんな藤原の表情が一変した箇所が2つあった。一つは筋肉自慢が集うレストランを訪れ、筋肉隆々の店員や常連客にガッツいていたシーンだ。マッチョ好きを自認する彼女は積極的に腕や背中の筋肉を触りにいき、しまいには『付き合いたいな』とまで口にするほど。文字通り目が輝くなど、これが素の表情だと実感させる場面だった。そしてもう一つのシーンについて、音楽ライターはこう語る。

「番組終盤には達者なギター演奏と個性的な歌声で、自作曲を含む生歌を披露。その自信に満ちた表情は、表情を曇らせながらトークを頑張っていたのと同じ人物には見えなかったほどです。アーティストとしての空気感は予想以上で、やはり本人の志向や適性は女優ではなく、音楽だと実感させるシーンでした」

 同番組を観た視聴者も、そんな彼女が女優としてヒロインを務めることに違和感を抱いたかもしれない。だが藤原がゴリ押しだったとしても、才能あるアーティストに出会うキッカケになったのであれば、少しは「ラヴソング」にも存在意義があったと言えそうだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ