芸能

AKB48小嶋陽菜が“にゃんにゃん仮面”での総選挙出馬にこだわったワケとは?

20160525kojima

 6月18日に新潟で開催される「第8回AKB48選抜総選挙」のちょうど1カ月前の5月18日に、同選挙に出馬を表明していた謎のメンバー“にゃんにゃん仮面”のツイッターアカウントが突如として出現した。

 開始から数日たっても、最初の挨拶の1ツイートだけでとどまっているが、AKB48グループ総監督の横山由依や昨年の総選挙で1位に輝いた指原莉乃、さらにはAKBのドキュメンタリー映画やミュージックビデオでメガホンを取ってきた映画監督の高橋栄樹など、グループ内に影響力を持っているとわかる人物のツイッターにのみ出現し、挨拶をするなど徹底したキャラ作りをしている。

「この“にゃんにゃん仮面”ですが、出身地は『ネオ秋葉原』で生年月日は『2222年2月22日』ということしか公表されておらず、未来から来たという設定以外の情報は一切明かされていません。しかし“にゃんにゃん”というのは、小嶋の愛称であり、正体は丸わかり。もっとも、本人はイベントの記者会見で“にゃんにゃん仮面”との関係性について聞かれると、『私はちょっと関係ないです。わからない』と場を笑わせていました」(アイドル誌ライター)

 むろん、オツムの硬い人には単なる茶番演出に見えるだけに「スベっている」という批判的な声も上がっているが、なぜ小嶋は“にゃんにゃん仮面”での出馬にこだわったのか。

「最年長メンバーとして少しでも総選挙を盛り上げようという一心でしょうね。OGの大島優子の『いよいよダレてくる』発言や、現役のAKB48宮崎美穂も『今年の総選挙は全然盛り上がってない』とコメントするなど、マンネリを感じている人が多いのは事実。不出馬を宣言するメンバーも増えてきたことで、足並みも揃わなくなってきた。こういった状況を察した小嶋が一肌脱いだのだと思います。彼女も昨年は出馬していませんでしたから、今年も高みの見物でいいわけですが、盛り下がっていると言われたことに責任を感じているのでしょう。考え抜いたうえで、誰もが笑い飛ばせる“にゃんにゃん仮面”による出馬だと思いますよ」(前出・アイドル誌ライター)

「こんなことしてくれるのは、こじはるしかいないよな」「俺は投票するよ」など、批判以上に好意的にとらえているファンは多い。

 さすがにセンターを獲ることはないだろうが、一人だけ仮面をつけたメンバーがパフォーマンスしていると、それだけで目を引くことは間違いないだけに、こうなったらぜひとも選抜入りを目指してほしいところだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…