事件

元アイドル刺傷事件で見えた、本当に危ないのはプロを夢見るギター女子だった!

20160524idolsisyob

 アイドル活動をしていた20歳の女子大生・冨田真由さんが、男性ファンに襲われた刺傷事件。事件後にはアイドルの握手会が数多く中止になるなど「現場」への影響は甚大だ。そんな状況のなか、音楽アーティストが直面する危険性について音楽ライターはこう指摘する。

「被害者女性はアイドルという肩書で紹介されていますが、今回も女性アーティストが集うイベントに出演予定だったように、最近は歌で勝負する『ギター女子』として活動していました。miwaや大原櫻子、藤原さくらといった著名アーティストのように事務所のバックアップがあればいいのですが、ほとんどのギター女子はアマチュアミュージシャンで、大人のサポートが付いていません。そのためファン対策も自分でこなさなければならず、厄介事に巻き込まれる危険が高まっています」

 これがアイドルだと、「運営」と呼ばれる大人たちが活動をサポートしているケースがほとんど。ファンの側にも一定の応援作法が出来上がっており、現場ではファン同士の監視効果も機能するため、悪質なトラブルに発展するケースは少なくなっている。

 それに対してギター女子の場合、応援の作法がアイドル分野ほど固まっておらず、ファン同士の結束や交流も薄いため、悪質ファンを排除する自浄作用が働きづらい。そしてもう一つ、アイドルよりも悪質ファンを呼び込みやすい理由があるという。

「ギター女子は基本的にソロで活動しており、横の結束も薄め。そのため悪質ファン情報の共有といった連携が取りづらく、ライブ会場への出入りも無防備になりがちです。これがアイドルだとコラボや合同イベントを通じて仲間意識が育まれ、お互いにサポートしあう互助精神も盛んなので、現場でのトラブルが少なくなる効果を生んでいます」(前出・音楽ライター)

 ギター女子の良さはギターがあればどこでも歌えること。今では曲をネットで公開し、SNSでファンと交流することで、大人のサポートなしでも存在感を示すことが可能だ。そんなギター女子たちの希望の芽を摘みかねない今回の凶行。今は何よりも被害者の回復が望まれる。

(金田麻有)

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム「やればやるほど赤字」東京ドーム試合やめた!釧路も帯広も静岡も「全中止」の衝撃
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「中絶トラブル」広島カープ・中村奨成が成績ナシでも「年俸100万円ダウン」で済んだ理由
4
日本ハム・新庄監督と「ケンカ別れ」金子誠コーチのロッテ入りで「遺恨バトル」勃発
5
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」