芸能

林家三平の“嫁ネタ”はつまらなすぎる!新生「笑点」に早くも苦言殺到

20160603hayashiya

 初回放送から50年間出演してきた桂歌丸が勇退。5月29日放送回で新司会者の春風亭昇太が初司会を務め、新たなスタートを切った日本テレビ系の長寿番組「笑点」。

 しかし、同日の放送で早くもネット上から様々な不満が上がっているようだ。

「まず、昇太の司会ぶりについては賛否ありました。前任の歌丸と比べて、進行のテンポが早すぎるという声が圧倒的に上がっています。もともと毒舌キャラじゃないこともあり、確かに回答者へのイジリも少なめで、ポンポンと矢継ぎ早に当てていくスタイルでしたから、かつての笑点のノリが染み付いた年配視聴者はついていくのも大変かもしれない。これからはクリーンでスピーディーな『笑点』を目指すのでしょうか」(エンタメ誌記者)

 無難にこなしたという声もあるが、プレッシャーからなのか、昇太の早口には「聞き取れない」「ちょっと浮き足立っていた」「あまりにも若返りすぎたか」など、苦言が多かったのは事実。

 しかし、新生「笑点」でもっともバッシングを食らったのが、この日発表された新メンバーの林家三平の起用だった。これにはほとんどの声が異論で埋め尽くされている。

「三平の嫁ネタはホント~につまらない!」「最悪」「まさに名前だけの人選」「今後観なくなる理由の一つになるかも」と、ネット上も批判の嵐。

「つまりネットに書き込まれるということは、高齢者よりも若い視聴者の声だということ。昇太も三平もどちらも初見での話ですから、長い目で見るところではあるかと思いますが、今後に不安を抱かせる要素ではありますね」(週刊誌記者)

 世間の声をもとに改善点は制作側や本人たちも模索していくはずだが、なんといっても高齢者の拠り所というラインだけは外さないでいただきたいものだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
2
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
3
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白