芸能

林家三平の“嫁ネタ”はつまらなすぎる!新生「笑点」に早くも苦言殺到

20160603hayashiya

 初回放送から50年間出演してきた桂歌丸が勇退。5月29日放送回で新司会者の春風亭昇太が初司会を務め、新たなスタートを切った日本テレビ系の長寿番組「笑点」。

 しかし、同日の放送で早くもネット上から様々な不満が上がっているようだ。

「まず、昇太の司会ぶりについては賛否ありました。前任の歌丸と比べて、進行のテンポが早すぎるという声が圧倒的に上がっています。もともと毒舌キャラじゃないこともあり、確かに回答者へのイジリも少なめで、ポンポンと矢継ぎ早に当てていくスタイルでしたから、かつての笑点のノリが染み付いた年配視聴者はついていくのも大変かもしれない。これからはクリーンでスピーディーな『笑点』を目指すのでしょうか」(エンタメ誌記者)

 無難にこなしたという声もあるが、プレッシャーからなのか、昇太の早口には「聞き取れない」「ちょっと浮き足立っていた」「あまりにも若返りすぎたか」など、苦言が多かったのは事実。

 しかし、新生「笑点」でもっともバッシングを食らったのが、この日発表された新メンバーの林家三平の起用だった。これにはほとんどの声が異論で埋め尽くされている。

「三平の嫁ネタはホント~につまらない!」「最悪」「まさに名前だけの人選」「今後観なくなる理由の一つになるかも」と、ネット上も批判の嵐。

「つまりネットに書き込まれるということは、高齢者よりも若い視聴者の声だということ。昇太も三平もどちらも初見での話ですから、長い目で見るところではあるかと思いますが、今後に不安を抱かせる要素ではありますね」(週刊誌記者)

 世間の声をもとに改善点は制作側や本人たちも模索していくはずだが、なんといっても高齢者の拠り所というラインだけは外さないでいただきたいものだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
2
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚