芸能

元相方はオマケだった?JOYの「ゲス行動」と「コンビ名」に視聴者あ然

20160607joy

 ハーフタレントのJOYがフルボッコにあっている。原因は5月30日に放送されたバラエティ番組「7時にあいましょう」(TBS系)。同番組はご対面バラエティというジャンルを謳っており、JOYは“気まずい相手”と対面。久々の再会を果たした相手は元芸人で、現在は作家の仕事をしているという芦沢直祐という人物だった。

 今から9年ほど前、ピン芸人として活動していた芦沢は当時まだ無名だったJOYからお笑いコンビ結成の誘いを受け、コンビ「JOY to the love feat.TADASUKE」を結成。芦沢はJOYとコンビを組むために当時所属していた大手芸能事務所を退社。受け入れてくれる新たな事務所に所属し、M‐1グランプリにもエントリーするなど、芸能界での成功を2人で誓い合っていたとのこと。

 しかし、JOYが雑誌モデル枠としてピンで出演したバラエティ番組が好評となり、彼一人だけがブレイク。その後、JOYがピンでの仕事を激増させるなか、芦沢への配慮は一切なし。なんと、所属事務所のホームページからコンビ写真が削除され、JOY単体のプロフィール写真になっていたという。その後もJOYは芦沢に一切連絡をせずにコンビは自然消滅。芦沢は当時の出来事を「自分のことを捨てておいて、許せないを超えて考えられない! 芸能界から消えてほしい」と怒りとともに振り返っている。

 本当に久々の再会となった今回、JOYは「気まずさで言えなかった。逃げたほうが楽だなって思った」と説明。そして「本当に芦沢さんの人生を傷つけるようなことをしてしまって申し訳なかったなと思っています」と謝罪。

 結局、JOYの本音が聞けたということで番組ではあっさり和解という形で収めていたが、JOYの行動は文句のつけようがない“ゲス行動”。番組を観ていた視聴者からの評判は当然ガタ落ちだ。

「当時ブレイクして調子に乗っていたとはいえ、夢を誓い合った相方に連絡の一つもせず、何食わぬ顔で現在まで活動していたというのは常識外れ。それに当時のコンビ名(笑)、この時点で元相方をオマケ程度にしか考えていなかったことがわかりますね」(エンタメ誌ライター)

 ネット上では「元相方もガチでキレてたな」「好感度と真逆の印象」「人間のクズ」など、容赦ない書き込みが殺到した。

 今回のエピソードは黒歴史どころか、JOYを人間として信用できるかどうかのレベルの問題になりそうだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美