社会

知っているだけで寿命が延びる「真・ガン知識」(4)医師が手術を受けたい医師を選ぶ

20160616h

 だが、どうしても1人で聞かなければならない場合もあるだろう。

「そんな時は『今は話を聞く余裕がないので、別の日にしてください』と言ってその場を離れたほうがいい。気が動転している時に今後の治療法は‥‥なんて言われても、判断できないはず。まずは病院を出て冷静になってから、再度訪ねることをお勧めします」

 告知で仮に余命を告げられても、そのまま鵜呑みにするべきではないとも、水上医師は断言するのだ。

「余命なんていうものは、医者が経験をもとに、何となく決めているだけのもの。医者は余命を短く言う傾向があるし、第一、受けなくていいショックを受けて、治療にいいことは一つもありません。余命はウソだと思っていいし、私自身は余命を告げる医師も失格だと思っています」

 ともあれ、医師からがんの告知を受け、いよいよ治療がスタートすることになった。がんは年齢やできる場所、進行度、ステージにより治療法が異なるが、昨今では「一切治療しない」という選択も話題になった。

「確かに、がんは人生観や死生観によっても治療方法は異なります。ただ、一切治療しなくていいというような極端な情報には惑わされないほうがいい。初期であれば治せる可能性は高いし、治療を受けたことで元気になった患者さんがたくさんいるのは事実。全てを一概に考えるのは間違いだということです」

 ところで、入院中に医者との間で意思の疎通がうまくいかない、という話をよく耳にするが、

「ズバリ、遠慮しないで医者を代えてもらったほうがいいですね。医者の中には自分の考えに固執している人も多いし、担当医に耐えられない場合は、きちんとそう申し出るべき。患者さんの中には苦しい治療を断ったり、担当医を代えることに躊躇する方もいますが、自分の命がかかっているんだから、絶対に遠慮してはいけません。医者を選ぶのも自分の責任。それを忘れないでください」

 そんな場合はベテランの看護師に相談し、看護師を通して伝えてもらうといい。

 最後にズバリ、腕のいい医者を見つけるためにはどうしたらいいのか、と水上医師に聞くと──。

「例えば、地元の病院でがんと診断されて大学病院に紹介状を書いてもらう時、診断した医者に『先生だったら誰に手術してもらいたいですか?』と素直に聞いてみるんです。すると『あの病院は空いているけどね、実は腕は超一流なんだよ』なんていう医者がいたりする。医者と友達になるつもりで信頼関係を作れば、アドバイスしてくれるはずです。医者を味方にする。それが自分の命を守る最善にして最大の防御策になるのです」

 今や生活習慣病と同様、誰もがかかりうるがん。だからこそ間違った情報に惑わされないことである。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
2
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
3
綾瀬はるか主演の新ドラマに囁かれる「まるで艶系動画」の“匂い”!
4
半同棲に発展!?ワンオクTaka、芸能界最強ボディの浅田舞と結婚の可能性
5
渦中の若妻が衝撃告白!“紀州のドン・ファン”は「機能しなくなっていた」