芸能

天才テリー伊藤対談「矢吹春奈」(3)「肌感」の違いで別れることも…

20160616k

テリー 話を変えようか。仁科克基に浮気されて別れたのは、いつだっけ?

矢吹 2年ぐらい前です。

テリー その後、恋愛方面はどうなってるの?

矢吹 ちゃんと愛を育めるような男性とは出会えてないですね。

テリー どうしてさ? 矢吹だったら、いくらでも男が寄ってきそうだけど。

矢吹 何度かお食事に行ったり、デートはしたんですけど、なぜかそこから進展しないんですよね。

テリー それはどこが気に入らなかったの?

矢吹 え~、よくわからないですけど‥‥私が好きになれる男性とまだ出会っていないんだと思います。

テリー だけどさ、2人きりでメシに行けるくらいなら、「とりあえず、つきあってみよう」っていう選択肢もあるじゃない。

矢吹 もちろん、そうなんですけど、今は「ちょっと面倒くさい」が勝っちゃってるかもしれないです。

テリー そうすると、だいたい1回メシ食っただけで終わるんだ?

矢吹 いえ、同じ男性と2回、3回一緒に食事に行くこともありますよ。

テリー えっ! ちょっと待ってよ。そうすると、男は絶対、それ以上を求めてくるでしょう。それこそ「キミのヘアヌードが見たいんだ!」みたいなさ。

矢吹 アハハハハ! まぁ、そうですよね。

テリー じゃあ、その男とはそういう関係に?

矢吹 そんなこと、ここじゃ言えないですよ(笑)。

テリー バカだな、「言えない」ってことは、そういう関係があるって言ってるようなもんだよ(笑)。で、何でそれ以上続かないの?

矢吹 何ででしょう‥‥満足できなかったんでしょうね、きっと(笑)。

テリー アハハハハハ! 「満足」というのは、何をもってしての満足?

矢吹 まあ精神的にも、体的にも‥‥(笑)。

テリー わあ、「体的に」ときたかぁ! これは男には厳しい意見だな(笑)。どうすれば、矢吹の体を満足させられるの?

矢吹 いやあ、そんなの自分でもよくわからないですよ。「何か、ちょっと違うな」という感じなんです。体を重ねた時の「肌感」が合わないというか。

テリー うんうん、そういう相性みたいなものはあるからな。じゃあ肌が合わなかった男には何て言うの?

矢吹 「私たち、やっぱり友達がいいんじゃない?」って。だから私、関係性を崩したくない男性とは絶対そういうふうにはなれないんです。

テリー じゃあ、篠山紀信さんに誘われても?

矢吹 アハハハハ、お断りします(笑)。大切な方ですから。

テリー ドラマの共演者とかは? 格好いい俳優さん、いっぱいいるじゃない。

矢吹 いやあ、できれば同業者の方じゃないほうがいいですね。お仕事とプライベートは、きちんと区別したいので。

テリー でもベッキーじゃないけどさ、好きになる気持ちは止められないじゃない。例えば、ダメだとわかっていても、奥さんがいる人を好きになったりさ。

矢吹 ああ、私は既婚者の方とのおつきあいは絶対ないですね。自分が1番でいたいタイプなので。

テリー なるほど。既婚者が矢吹とつきあいたいなら、クリーンにしてから来いと。ベッキーも、矢吹みたいな経験値があればなぁ。

矢吹 やめてください! 私、そんなに経験豊富じゃないですよ(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
坂上忍「暴君MC」に芸人が続々降板!「織田裕二を呼び捨てにして怒らせた」
3
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
4
国歌斉唱でニヤニヤする選手も!プレミア12野球日本代表に“不快だ!”の声
5
浅田真央、「姉の舞に負けないほど胸が急成長」魅せつけた“ワンピの特徴”!