政治

舛添都知事の異常な湯河原好きはあの文豪への崇拝が理由だった!?

20160613masuzoe

 東京都のトップに立ちながら、静岡県湯河原町の別荘に50回近くも通っていた舛添要一都知事。実家が湯河原の資産家という妻をおもんばかってか、「湯河原より奥多摩のほうが遠い」と発言し、多摩地区の都民から総スカンを食らったばかりだ。そんな舛添氏の湯河原好きについて、文学に詳しいライターはこんなエピソードを口にする。

「東大法学部卒の舛添氏ですが、高校生の頃は文学青年で、夏目漱石や芥川龍之介を乱読していたそうです。とくに芥川への傾倒ぶりはすさまじく、息子に『龍之介』と名付けたことは新聞のコラムで明かしているほど。その芥川が湯河原に長逗留していたことは、現地の人なら誰でも知っている史実です」

 明治期の湯河原には数多くの文豪たちが集まり、芥川が滞在していた中西屋旅館の跡地は、観光ツアーのコースにも組み込まれている。その中西屋は舛添氏の別荘からわずか1.5キロで、散歩コースと言える距離なのである。どうやら舛添都知事は湯河原に滞在することで芥川の気分に浸っていたのかもしれない。ここで前出のライターはこんな提言を口にする。

「舛添都知事にはぜひ、芥川が4年ほど多摩に住んでいたことも意識してほしいですね。今では新宿二丁目に当たる場所で、当時は豊多摩郡内藤新宿という地名でした。知事選では『多摩地区の発展なくして東京の発展なし』を公約にあげていましたし、芥川好きとしてはもっと多摩地区に目を向けるべきでしょう」

 芥川がかつて住んでいた家は、新宿駅をはさんで東京都庁まで約2キロの場所にある。どうやら舛添都知事の芥川愛は本物のようだが、そこに多摩地区という視点は欠けていたようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは