芸能

舞台挨拶で明かされた佐藤浩市と永瀬正敏“初共演”の真実

20160623satou

 6月19日、前後編累計観客動員215万人を突破した大ヒット映画「64-ロクヨン-」の舞台挨拶が東京都港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、佐藤浩市、緒形直人、永瀬正敏が「父の日」をキーワードにそれぞれの思いを語り合った。今作が初共演となる3名だが、佐藤の父である故三國連太郎とは緒形と永瀬が、緒形直人の父である故・緒形拳とは佐藤と永瀬が共演しており、互いに因縁めいた感慨を抱いていたそうだ。

 緒形は映画「北辰斜にさすところ」(07年公開)の撮影中に三國から「君はそのままいけばいいよ」と言われたそうで、1つの役に精魂を傾ける自身の役者人生の根源を匂わせた。また、父・緒形拳の思い出として、返り血を浴びたメイクのまま帰宅して友人を驚かせ非常に困ったというエピソードを披露し、会場は和やかな笑いに包まれた。

 そんな中、永瀬が佐藤との初共演作となるはずだった幻の映画に言及。前編の舞台挨拶時にも語ったその作品は、安部公房の「箱男」だったという。

「実はクランクインの2時間前に中止が決定したんです。ロケ地のドイツで着々と準備を整えていただけに衝撃だったでしょう。2人は相米慎二監督という共通項を持っていますし、永瀬さんがお蔵入りを残念に思い、佐藤さんとの共演を心待ちにしていたことは、再び『箱男』の話を持ち出したことでもわかります」(映画ライター)

 難解と言われる安部公房の独特の世界観を、実力派俳優として冠たる名声を築く佐藤と永瀬が演じたら、どんな作品になっていたことか。今からでも、企画を実現してくれるプロデューサーが現れてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?