事件

ATM不正引き出し「18億円事件」の不敵内幕を「カード偽造犯」が暴露!

20160630aa

 5月18日早朝に、全国のATMから総額約18億6000万円が不正に引き出された。事件から1カ月がたったが、末端の“出し子”が逮捕されただけで、犯行の全容はいまだ解明されていない。1人の「カード偽造犯」が事件への関与と不敵な内幕を暴露した。

「これまで1万枚以上の偽造カードを作成してきました。あの件でも自分を経由したカードが使われたはずです」

 こう語るのは、長年クレジットカード犯罪に関わってきたA氏。そして彼が関与をほのめかすのが「18億円事件」だ。A氏が続ける。

「いまだにガードの緩い磁気型のクレジットカードでATMから多額の現金が引き出せるのは日本くらいでしょう。海外ではICカードが一般的ですからね。つまり日本は今、世界中からカード詐欺の標的になっているんです」

 今回の事件で大量に偽造されたのは、南アフリカの銀行が発行するクレジットカード。その顧客情報が「空カード」と呼ばれる白色無地のカードに書き込まれ、犯行に使用されたと見られている。

「磁気カードの裏面には黒いラインが入っています。この部分に情報を刷り込むわけです。極端な話ですが、レンタルDVDショップで使うカードの情報を書き換えて、誰かのクレジットカードに化けさせることもできます。しかも、書き換えに必要な機械は、中国製なら10万円ほどで手に入ります。それとノートパソコンがあれば、どこでも偽造や変造が可能で、実際、私の自宅周辺に警察の影がチラついていた時などは、ファミレスに機械を持ち込んで偽クレカを量産していました」(A氏)

 安価な機械で作っただけに、“不良品”が出るのも珍しくないという。

「バグが出たカードは、ATMに入れるとそのまま飲み込まれてしまう。経験から言えば、1割から2割。普通は大量の“不良カード”が検知されれば、ATMの銀行に情報が伝わってロックがかかり、現金が引き出せなくなる。だから引き出し役の実行部隊は、監視の目がおろそかになりがちな日曜日の早朝を狙ったのでしょう」(A氏)

 過去最悪の被害額を出した「18億円事件」には、200人以上の“出し子”が関与したと言われ、6月16日までに7名が逮捕されている。

「“出し子”の部隊なんて探せばいくらでもいますが、今回のように、きちんと統率が取れた部隊を編成できるグループは限られています。捕まった連中にしても『金目当て』と供述しているようですが、報酬はせいぜい50万円。中には3万円で危ない橋を渡った連中もいるそうです。“出し子”をコントロールしていたのは金ではなく恐怖ですよ」(A氏)

 ある地域の若者は、地元の不良仲間に呼び出され、こう言って引き出し役を強要されたという。

「もしやらなかったら街を歩けなくなるよ。それに、俺らが警察にパクられたら、お前が密告したことになるから、さらわれないように気をつけろよ」

 その際、彼らが口にしたのがある半グレ集団の名だったという。

「複数の拠点に集められた現金は、その日のうちに地下銀行から海外へ送金されたそうです。当然、海外との強いパイプを持つ組織が関与しているはず。主犯格のメンバーはすでに国外に脱出したと聞いています」(A氏)

 武器も持たず、決して人前に姿を見せないことから「21世紀型の銀行強盗」と呼ばれる犯行手口。今回は遠く離れた異国のクレジットカード情報が悪用されたが、こうした偽造カードによる犯罪は誰もが被害者になるおそれがあるという。

「不正引き出しだけでなく、スキミングの被害も見逃せません。深夜にコンビニのATMにスキミングの機械を仕掛け、利用客のデータをごっそり抜く手口が横行しているんです。特に磁気タイプのクレジットカードを利用する際は、カードの差し込み口に変な機械が埋め込まれていないか、よくチェックする必要があります」(社会部記者)

 日本クレジット協会の統計によると、カードの不正使用による被害額は昨年だけで120億円。もはや他人事ではないのだ。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
ガーシー砲まみれの綾野剛がテレビマンに高評価のワケは…
5
広瀬すず、「バスト強調ストレッチ」メイキング映像にファン悶絶!