スポーツ

競馬界2016年上半期「ビックリ事件」をスッパ抜く!(3)デムーロは乗り方が厳しい?

20160707i

 この短期免許交付条件の改訂を巡っては、騎手たちの心中も複雑なようで、

「そもそも、個人の過失を外国人騎手全般に置き換えるような処置が妥当なのかという意見がありますが、騎手からは『同時期の来日を5人から3人に削減してはどうか』という嘆願が出されたとも聞いています。確かに騎手会としては、勝ち星をさらわれる外国人騎手に来てほしくないのは事実。副会長の福永祐一(39)も『外国人を乗せすぎ。こんなに大勢必要なのか』と漏らしています。このままでは日本人騎手が育たない、という懸念があるからでしょう」(専門紙トラックマン)

 デムーロ、ルメール旋風が吹き荒れる中、敢然と牙を剥く日本人騎手もいる。

 西のベテラン、小牧太(48)は今年4月、自身のコラムを持つ競馬情報サイト「netkeiba.com」で、デムーロの騎乗について、こう論評した。

〈それにしてもミルコはあれだけの技術を持ってるのに、なんで真っ直ぐ乗ってこないんやろ〉

 実は、これには前段がある。昨年も、小牧はこのコラムでデムーロ批判を繰り広げており、それがぶり返した形なのである。

〈ミルコは汚いね、乗り方が。(中略)あ、ルメールはそんなことないけどね。ルメールは競馬がマジメ。デムーロはとにかく乗り方が厳しいし、重賞になったら容赦なしや。挟んだりとか、けっこう多いでしょ?(中略)我慢してる若手も多いよ。(中略)ミルコに関しては、巧さ以上にそういう騎乗が目につくね〉

 小牧に続いて、「乗り方が汚い」デムーロから売られたケンカを買ったのは、川田将雅(30)である。象徴的なレースが、ダービー前日の阪神10R、白百合Sだ。前出・専門紙トラックマンが解説する。

「逃げ馬の2番手で追走する川田を単勝1.9倍のデムーロが7番手から追い上げてきて、3コーナーで切り込んだんです。すると川田も外から馬体を並べて応戦し、両者の肘と肘がぶつかり合う展開になった。デムーロの肘が川田の胸元に迫ったりもしていました。さらには、両馬の鼻面が当たるシーンもあった。結果、川田が4着、デムーロは7着と共倒れ。まさに勝負度外視のケンカ騎乗でしたね。両者ともに制裁はなく、ケンカ両成敗のようにも映りましたが、その馬券を握りしめていたファンにとっては、後味の悪いレースだったのではないでしょうか」

 デムーロに対しては、美浦の加藤征弘調教師も憤激モード全開。加藤師の管理馬ステイリッチが15年8月の未勝利戦勝ち以来となる、今年2月28日の500万下条件戦に、デムーロ騎乗で挑んだ際のことである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!