スポーツ

日ハム・中田翔もバトル勃発!プロ野球「観客vs監督・選手」の抱腹「ヤジバトル」が続発中

20160707bb

 優勝、そしてCS進出を懸けて熾烈なバトルを繰り広げるセ・パ12球団。グラウンド内では、相手チーム以外にも戦うべき「強敵」がいた。

 交流戦終盤の6月15日、DeNA×日本ハム戦。6回表、一死一、二塁のチャンスで、打席に立った4番・中田翔(27)はあっさりとセンターフライに倒れた。ベンチに戻ってきた中田の耳に入ってきたのは、三塁側ベンチ上の観客からの強烈なヤジ。即座に反応した中田は険しい表情になると、声の方向に向かって「来いや」という手招きのしぐさで「応戦」する一触即発の事態になったのだった。

 その3日後。今度はヤクルト×西武戦で強烈なヤジバトルが勃発した。2番手で登板した野上亮磨(29)が2回3失点で逆転を許した西武は、この時点で5連敗。試合後、スタンドから田辺徳雄監督(50)に向かって、「田辺! 野上はもうやめろ」という罵声が浴びせられると、色をなした監督が「(他に投手が)いねぇんだよ!」とやり返している。

 続発するヤジバトルの舞台裏を、スポーツ紙デスクが解説する。

「中田はどうやら『降りてこんのか、このボケ! 表で待ってろ』と言い返したらしいんです。4番としてのプライドがあるので、そうしたヤジには敏感に反応する。観客との言い争いはよくありますよ。昔は観客に文句を言っている映像がニュース番組などで流されると、『みっともないからやめなさい』と母親からたしなめられていたんですが」

 ヤジを飛ばされたのがDeNA戦だったことが、特に中田を敏感にさせた要因でもあると、このデスクは続けて説明するのだ。

「WBCなど日本代表の4番は俺だ、という自負があり、侍ジャパンで4番を争うDeNAの筒香嘉智(24)には強いライバル意識があります。だからよけいに反応したんですよ。もしかすると、『筒香のほうがマシだろ』などというヤジだったのかも」

 この日の試合前、中田は打撃練習中の筒香に歩み寄り、何やら会話。そして半ば強引に、筒香のバットを1本せしめる風景が見られた。ライバルの道具はやはり気になるのだろう。

 さて、強烈なヤジといえば、甲子園球場の阪神ファンが有名だが、低迷する阪神の指揮官に向かって、「金本、辞めろ!」というヤジが飛んだという。

「球団関係者は『早いな。まだ6月だろ』と言っていました。優勝が絶望的になった終盤でのヤジならともかく、まだオールスター前ですからね」(関西マスコミ関係者)

 そして今、最もヤジがキツイとされるのが、神宮球場。この球場は、観客席が低い位置にあるため、グラウンドとの距離が非常に近い。これを露骨に嫌がっているのが、巨人・高橋由伸監督(41)なのだという。スポーツライターが明かす。

「試合後はベンチを出ると、三塁側のグラウンドを外野方向に歩き、クラブハウスに行かなくてはなりません。負けた試合ではフェンス越しに強烈なヤジがダイレクトに、至近距離から耳に入ってきます。みんな、金網にブラ下がるようにして叫ぶんですよ。『ボケ、カス!』みたいなものから『辞めてしまえ!』『金返せ!』というものまで、罵詈雑言が浴びせられます。高橋監督はそれが本当に嫌なんだそうです」

 巨人は今季、逮捕者まで出す野球賭博問題で激震に見舞われた。ベンチ前での円陣声かけで金銭のやり取りがあったことも発覚し、「球界の盟主」の名前は地に堕ちた。当然ながらそれは、観客のヤジの格好の「ネタ」になる。

 DeNA戦で勝った試合では、立岡宗一郎(26)がヒーローインタビューのお立ち台に立った際に、「声かけでお金はもらえましたか」というヤジがDeNAファンから飛び、立岡が声のした方向をニラみつけたことも。お立ち台を降りてからも、立岡は吐き捨てるようにブツブツと何かをつぶやいていたのだった。

 凡退、敗戦、スキャンダル‥‥ダメージを負った時、選手と監督を待ち受けるもう一つの「戦い」。何とも気の毒である。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
3
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「知らなくていいコト」、重岡大毅の“闇深演技”にドン引きの声も興味爆増!?