政治

「英国EU離脱」に右翼・民族派が大咆哮!(3)目指すは反米ではなく脱米

20160714z

 防衛問題に関しては、日本は米軍の庇護の下にあるのが現実だ。日米安保の不公平性を見越し、トランプ氏は大統領選の演説で「在日米軍費用を日本が全額負担しなければ撤退」とまでブチ上げた。藤澤氏は危機感を募らせる。

「トランプ氏の言うとおり、本当に日米安保条約が解消されたら大変なことになる。平和ボケした日本人は簡単に『沖縄の基地反対!』などと言うが、実際に今、米軍が日本から撤退すれば、それをいいことに、一気に中国がやって来る。しかし戦後71年を迎え、日本はいつまでアメリカに守ってもらわなければいけないのか。反米でも親米でもなく、対等な立場での日米同盟が望ましい。そのためには日本は自主憲法を制定し、憲法9条を破棄して国防軍を作り、自分の国は自分で守るという当たり前のことをすべきです」

 強引に集団的自衛権行使を進めた安倍政権は、次は改憲に踏み込むのか。

「誰も戦争をしたいと言っているわけではないのに、新聞マスコミはいつの間にか、安保法制=戦争法案だということにしてしまったのがおかしい。戦争ができる国というのは普通の国。戦争のできない国なんてどこにもない。さらにおかしいのは、安倍総理だけが改憲論者のように言われているが、自民党は結党以来の理念として、第一に憲法改正を掲げている。自民党員であるならば、憲法改正を言うのは当たり前。ですから、本来は参院選でも憲法改正をハッキリ争点にすべきです」(蜷川氏)

 決められない政治のカンフル剤として「トランプ大統領」を待望するのは、横山氏だ。

「これまでのアメリカは自国の軍隊が巨額の負担を強いられても、東アジアで力を誇示するために日本に軍隊を駐留させるというのが本来的な立場だったはず。ところが、トランプが全てやめたと言えば、日本人はおのずと自主防衛論に目覚めることにつながる可能性がある。平和ボケした日本は(イギリスのような)王政の国を見習い、今こそ国の誇りを取り戻すべき」

 最後に、前出・蜷川氏は日本人がグローバリズムに飲み込まれないための方策を、こう授けた。

「もちろん日本独自の軍隊を持つべきなのは言うまでもないが、現実的には難しい。それでも反米ではなく脱米、アメリカからの依存度を低くすることが望ましい。故・野村秋介は遺作『さらば群青』の中で、日米安保の庇護の下、日本人はかつての敵国に日本の安全を委ねた『まやかしの平和主義』と『魂のない繁栄』などを『五つの敵』とし、日本の経済発展は砂上の楼閣にすぎないと批判している。今こそ三島由紀夫や野村秋介のように、利害もなく国のために散った人間の言葉に耳を傾ける時なのです」

 世界が混迷の時代を迎えつつある今こそ「先人の言葉」も、安穏たる平成の世に染みてくるのかもしれない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ