芸能

天才テリー伊藤対談「冠 二郎」(2)結婚までの経緯が青春ドラマみたい

20160714n

テリー そこでは、まだ挨拶しただけですよね? どうやって2人の恋は盛り上がっていったんですか?

 これがまた不思議な話で、マネージャーがたまたま彼女に名刺を渡していたんですよ。そしたら、熱海の公演から3~4日後に事務所へ彼女からの荷物が届いたんです。

テリー その中身は?

 職業柄、歯間ブラシとか、歯に関する物をいろいろと送ってくれたんです。あと、同封された手紙に携帯番号も書かれていて。

テリー おお、それは絶対「かけてくれ」ってことじゃないですか!

 いや、でもせっかく手紙をくれたわけだし、電話だと何を話せばいいかわからないから、速達で返事を出したんですよ。

テリー いいな、昔の青春ドラマみたい(笑)。どんな返事を書いたんですか?

 薬のお礼とこちらの電話番号、そして「もし、できることならば今後、心の交流も」と伝えたんです。そしたら次の日の夜に「お手紙ありがとうございます」って電話がかかってきたんですよ。その時に「実は一目ボレしちゃったんだ」と‥‥。

テリー 言いましたか!

 いやあ、勇気を振りしぼりました。もう70過ぎだし、これが最後のチャンスだろうから「彼女には積極的に行こう」と。

テリー カッコいいじゃないですか。

 で、まずは会って食事でもしよう、ということになったんですが、彼女は「女性と外食しているところを誰かに見られると、冠さんにご迷惑をかけるから、私がご自宅に行きます」って言うんですね。それで「俺、いつも外食ばっかりだから、家に調理器具も何もないよ」って言ったら、彼女は炊飯器とお米や餃子とかを持って家まで来てくれたんです。

テリー え、炊飯器を持って? ホントにドラマみたい(笑)。

 食事の日が2月4日の木曜日だったんですけど、その時「日曜日にお父さんとお母さんに挨拶に行っちゃおう」と。

テリー 出会ってからまだ10日くらいで、しかもまだ1回御飯食べただけでしょう。そりゃまた早いわ!

 それで3日後、彼女の実家まで行きました。車で一緒に熱海に向かう中で、彼女はもう俺との結婚を決めていたそうです。だから、「結婚を前提におつきあいさせてください」と報告しようと2人で決めて。

テリー お義父さんとお義母さん、家にいきなり冠二郎が来たから驚いたでしょうね(笑)。彼女のご両親は、おいくつなんですか?

 お義父さんは82歳、お義母さんは74歳です。俺より年上でよかったですよ(笑)。

テリー 反対はされなかったんですか?

 反対も何も、俺は「娘さんをください」とか言ってないんですよ。行ったら、うな重とか取ってくれて、それを4人で食べながらいろいろ話してるうちに、そういう雰囲気になっていて。「え、いいんですか?」って驚いたら、「冠さんなら、もう」ということで。

テリー へぇ~、それはもう冠さんの人柄ですよ。やっぱり年の功だね、人を見る目があるんだなァ。

 それでも、こっちは年齢差は気になっていたから「だって、年が離れてますよ」ってお伝えしたら、お義母さんが「何言ってるの。90歳も60歳も同じよ」って。ホントに優しいご両親で、不覚にも泣いてしまいました。で、3月31日に入籍の運びとなりました。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
3
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
4
篠原涼子、「バスト揉まれまくり&舌入れキス」の衝撃映像にアクセス殺到!
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!