芸能

石田純一「都知事選断念」の裏にあったCM企業へのモーレツすぎる取材攻勢

20160715ishidab

 石田純一が東京都知事選に出馬する意向を表明し、わずか3日で撤回した一件。石田によると、テレビCMの差し替えに伴う違約金が天文学的な数字になるそうで、出演CMの企業に大きな迷惑を掛けたと報じるマスコミもある。だが、当のマスコミ自身がそれらのCM企業に対して迷惑を掛けていたことは見過ごされているようだ。週刊誌の記者が耳打ちする。

「CMタレントの政治活動についてはほとんどの企業が静観の構えですが、石田がCMキャラクターを務めるベストバイという会社が公式サイトで発表した声明を読むと、マスコミによる異常なほどの取材攻勢で迷惑している様子が伝わってくるのです」

 その声明では石田の出馬会見について「弊社は一切の関知をしておりません」と前置きした上で、「お問い合わせいただきましても弊社としてお答えできることは何もございません」と表明している。この発表に至った理由として同社では、「多数の方々よりお問い合わせをいただいておりますが、弊社業務に支障をきたすおそれがございます」と説明。しかもマスコミの取材攻勢は、それだけには留まらなかったようだ。週刊誌の記者が続ける。

「同社の声明ではわざわざ『石田純一氏の政治信条や思想等につきましても、弊社との関連性は全くございません』と説明しています。こんな当たり前のことを対外的にアピールするということは、マスコミが同社の政治信条や思想について執拗に取材したからではないでしょうか。ある日突然、『御社の思想信条はどうなってるんですか?』との取材が殺到したら、業務に支障を生じるのも当然。さすがにそんな取材はやり過ぎと言わざるを得ないでしょう」

 真っ当に商売している企業に取材という名目で迷惑を掛けるマスコミの行為こそ、選挙にまつわる問題として取り上げてもいいのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」