芸能

藤井フミヤのゴリ押しじゃなかった?フジは有力子息に入社を“お願い”していた!?

20160807fujii

 7月22日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の人気企画「本音でハシゴ酒」の2時間スペシャルに、歌手・藤井フミヤの息子で新人アナウンサー藤井弘輝が登場し、話題を呼んだ。

「他の新人アナとは完全に扱いが別格でしたね。しかし、松本人志に鼻毛が出ていることを指摘されたり、父親のことを『父が』ではなく『お父さんが』と表現するなど、視聴者からは早くもプロ失格の烙印を押されていました」(芸能ライター)

 そんな藤井アナの出演であらためてクローズアップされたのがフジのコネ入社問題だ。フジといえば、過去にもフリーアナウンサーとなった高島彩の父親は俳優の竜崎勝、同じくフリーの高橋真麻の親は俳優の高橋英樹。俳優の陣内孝則の息子は局内でディレクター職を務めている。スポーツ界からも田淵裕章アナは元プロ野球の田淵幸一の息子で、永島優美アナの父親は元Jリーガーの永島明浩氏と、フジのコネ入社はもはや伝統芸の域に近い。

 世間からは親の七光りを利用してフジに潜り込んだイメージが強いために、実力が伴わないコネ組への風当たりは強い。しかし、フジテレビ社員によると実態はまったくの逆だという。

「藤井フミヤさんをはじめ芸能界、政財界の子女のフジテレビへのコネ入社がニュースで話題になっていますが、それらには大事な視点が欠落しています。コネ入社と聞くと入社を望む子を持つ親御さんがツテをたどって役員などに頼み込んで入社させてもらうのが一般的ですが、フジテレビは真逆です。芸能界、政財界の子女リストをもとに日枝会長が入社を依頼してくるように人事局担当役員に指示し、それに基づいて役員や人事局など幹部が親御さんに面会して子女のフジテレビへの入社を依頼しているのが実態なのです。つまり、お願いして入社してもらっているのです。新入社員のほとんどがこの逆コネ入社で毎年毎年、“お願いされたから入社してやった”という若者が大量に採用されます。しかし、本当に使えないし指導すれば親に泣きつきこちらが上司から叱られる始末です。この10年ぐらいはこのスタイルが続いていて、生意気で上から目線で一般人を見下した若造が大量発生しています」

 このフジテレビ社員は「これが今のフジテレビの凋落の一番の原因」と嘆くが、それが本当ならフジはすぐにでもこの悪しき慣例をやめたほうがいいだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?