芸能

90年代グラビア女神(3) 細川ふみえ

休業中に本誌に明かした「ヘア写集」真相 「仕方なかったけど後悔はしていません!」

 90年代を代表するグラドルといえば“ふーみん”こと細川ふみえ(40)を抜きには語れないだろう。09年12月にスピード離婚し、その直後に初のヘア写真集「fumming」を発表したきり、芸能活動を控え続けている彼女が、当時の思い出から近況、メッセージを寄せてくれた。

「思い出深い番組の一つが、『ギルガメ』です。初めて私を“ふーみん”と呼んでくれたのが、『ギルガメ』の作家さんで、とてもうれしかったことをよく覚えてます。初の司会ということもあり、あたふたして、出演者やスタッフに助けてもらってばかりでしたね」

 91年10月にスタートした深夜番組「ギルガメッシュないと」。翌年1月からGカップ巨乳で人気を誇っていた細川が司会者として起用され、翌年2月には故・飯島愛がコーナー出演。「ギルガメ」はTバックブームを巻き起こし、脚光を集めた。

 同時に、細川ら人気グラドルの写真集も、より大胆により過激にとなっていく。

「その年の3月に発表した『MY GIRL』は、お気に入りの1冊です。どの作品にもそれぞれ思い入れがありますが、この撮影でモデルの大変さを痛感させられました。ボンデージファッションにハイヒールで、大木の根の上に寝そべるカットが表紙になっているんですが、崖のような斜面を伝わって、撮影場所に行き着くまでが、まず大変でした。さらに、大木の根の上で滑り落ちないように、バランスを取りながら寝そべるのも難しかったですね」

 91年7月のファースト写真集「PASSIONFRUT」から数えて23冊目となる09年12月のラスト写真集「fumming」は、38歳にして初めてのヘアヌード。衝撃的であった。

「契約時の約束もあって、撮影時期やエピソードを話せませんが、後悔はありません。感謝の思いです。ただ、母子が暮らしていくための手段として、背に腹はかえられなかったという心境です。今後、写真集を発売する予定はありません」

 不動産会社を経営していた元夫が、総額20億円以上の負債を抱えて倒産したのは、09年3月のことだった。すでに離婚しているため、債務の返済の必要はないが、依然として、芸能活動に暗い影を落とし続けている。

「いろいろと事情もあり、いきなりの復帰というのは無理かもしれません。当面は子育てを一番に考えています。最近も(4歳の)長男が突然の高熱などから救急病院のお世話になることもありましたし、生きていくことで精いっぱいで、何事も思うままになりませんが、ファンの皆様にご心配やご迷惑をかけないように努めながら、少しずつでも仕事ができれば幸せと思ってます」

 頑張れ、ふーみん!

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
WBC「代替枠4人」候補に挙がる落選組「ベテラン投手」の名前
3
「料理はプロ級の腕前」なのに…木村文乃が打ち明けた「衝撃の事実」
4
トヨタ社長交代でカーマニアが沸き立つ「あの名車」復活劇
5
習近平のウソつき癖が治らない「春節期間中にコロナ感染爆発は起きなかった」の「死者隠蔽」実態