スポーツ

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(13)“平成の怪物”中田翔は田中将大&斎藤佑樹に力負け

20160819nakata

 07年のドラフトで4球団から1巡目指名を受け、抽選で日本ハムに入団。プロ入り後はその大物ぶりが際立つ中田翔。そんな中田は高校時代から“平成の怪物スラッガー”として常にその動向が注目されていた。

 05年に大阪の強豪・大阪桐蔭へ進学すると1年夏から5番・一塁手でレギュラーの座を掴み、大阪府予選では2本塁打13打点の活躍で、チームを夏の選手権に導く。すると初戦の春日部共栄(埼玉)戦でもいきなり5打数4安打、7回裏の第4打席では決勝の本塁打を放つなど3打点。さらに5回表途中からはマウンドにも上がり、最速147キロを記録。被安打6、6奪三振の1失点に抑え勝利投手にもなった。1年生の本塁打と勝利は83年夏のPL学園(大阪)・桑田真澄(元・巨人など)以来の快挙。華々しいデビューを飾った。

 続く3試合でも中田は毎試合ヒットを記録。チームもベスト4へと進出した。そして迎えた準決勝。相手は夏の大会連覇を狙う駒大苫小牧(南北海道)だった。試合は延長10回にもつれ込む熱戦となったが、5-6で惜敗。中田は相手先発の田中将大(現・ヤンキース)からヒット1本を放つも完全なる力負けだった。

 その翌年。06年の選手権で中田は不動の4番として姿を現す。優勝候補同士の対決となった横浜(神奈川)戦では3打数2安打の大暴れ。8回裏にはバックスクリーン左へ飛び込む推定140mの特大ソロを放ち、横浜に引導を渡した。しかし2回戦の早稲田実(西東京)戦では、この大会の優勝投手・斎藤佑樹(現・日本ハム)の内角攻めの前に4打数無安打3三振。チームも大敗を喫した。

 3年になった’07年の春の選抜で中田は三度、甲子園にやってくる。初戦の日本文理(新潟)戦では先発登板し、7回無失点の好投。だが、4番・中田は無安打だった。

 しかし、2回戦の佐野日大(栃木)戦は選抜史上10人目となる2打席連続本塁打で5打点と活躍。チームをベスト8へと導く。その準々決勝の常葉菊川(静岡)戦は再び先発マウンドに上がるも、被安打7の2失点。4番打者としても3打数無安打に抑えられ、1-2で惜敗した。最後の夏は決勝戦で敗退。3年連続の夏の出場は目前でついえてしまった。

 それでも中田の高校通算本塁打は当時の新記録となる87本。プロ入り後はその実力に違わぬ活躍で今やチーム不動の4番打者にまで成長した。そして、その先にあるのはサムライジャパン不動の4番の座に他ならない。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂上忍、「バイキング終了」とともに「“芸能界引退”を決意」している!?
2
北川景子「自民党と合体」の驚愕シナリオ(1)島根知事選のゴタゴタで浮上
3
ピエール瀧に続く「薬物芸能人」の“名前”リストを一挙公開する!
4
小林麻耶が夫婦で「金スマ」登場に「引退したくせに!」批判の嵐
5
過去最大の肌見せ水着!?田中みな実の“ハミ出しそうな美ボディ”に絶賛の声