スポーツ

夏の甲子園・我が心の決勝戦(4)最後の一球が最速!田中将大の9回3者連続三振

20160820kessyousen

 04年夏の選手権で全国制覇し、北海道に史上初となる深紅の大優勝旗を持ち帰った駒大苫小牧(南北海道)。北海道民ならずとも“まさかの優勝”だったが、続く05年の夏も駒苫は決勝戦の舞台まで勝ち上がってきた。

 前年のチームは打率4割4分8厘。防御率は5.60だったのに対し、この年のチームは打率3割4分2厘、防御率は1.96。“打のチーム”から一転、この年は“投のチーム”として甲子園を席巻した。投手陣は3年生エースの松橋拓也に吉岡俊輔、そして田中将大(現・ヤンキース)の3人。事実上の柱は当時2年生で背番号が11の田中だったことは言うまでもない。

 2連覇をかけた決勝戦の相手は京都外大西。試合は京都外大西・北岡繁一と駒苫・松橋の両エースがともに初回に失点。そのまま1-1で中盤に突入する緊迫の展開に。

 試合が動いたのは5回裏。駒苫は2死二塁のチャンスをつかむと5回途中から松橋のあとを受けてマウンドに上がっていた田中が打席に。この田中の三塁ゴロが相手野手の悪送球を呼び、1点を勝ち越したのだ。駒苫は続く6回裏にもタイムリーで1点を追加。だが、7回表に京都外大西打線が反撃を開始する。先頭打者に二塁打を許すと、次打者の二塁ゴロを駒苫の主将で守りの要だった林裕也が悪送球。1点差に迫られてしまう。さらに2死三塁から田中が同点タイムリー二塁打を浴び、試合は振り出しに。

 V2を目指す駒苫の底力が発揮されたのはここからだった。7回裏、先頭打者の田中が四球で出塁すると、直前に手痛いエラーを犯した林がセーフティバントを決め、チャンス拡大。ここから流れが駒苫に傾き、この回、2点を勝ち越すのである。

 あとは田中の一人舞台。9回表、最後の守りで147キロ、148キロと投げるたびにこの日の最速記録を塗り替え、2者連続三振。そして最後の打者もカウント2-2と追い込んだ。最後の一球は150キロのストレート。三たび、空振り三振に仕留め、ここに57年ぶり6校目の夏の選手権連覇という偉業が達成されたのであった。

 その翌06年。史上2校目の夏3連覇を狙った駒苫はエース田中を擁して三たび決勝戦へ進出。日本中を熱狂させた引き分け再試合、あと一歩のところで斎藤佑樹率いる早稲田実(西東京)にその夢を砕かれた。しかし、田中の甲子園全成績は12試合、91回1/3を投げ、8勝0敗。早実に負けたあの決勝戦再試合もリードされた場面でのリリーフ登板だった。実は田中は“無敗”のまま甲子園を去っているのだ。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」