スポーツ

あのスターを生んだ夏の甲子園(15)「申し子」福留孝介の阪神移籍は必然だった!?

20160820fukudome

 12年オフにメジャーリーグから日本球界に復帰、古巣の中日ではなく阪神へ入団した福留孝介。昨シーズンは打率、本塁打数、打点の打撃3部門でチーム最高の成績を残すなど、ベテランとなった39歳の今も主軸として甲子園でその勇姿を披露している。いわば福留は“甲子園の申し子”。それはPL学園時代からの代名詞である。

 93年にPL学園に進学した福留は1年の夏から5番を打ち、同年秋からは4番に抜擢された。翌94年の春の選抜ではチーム唯一の2年生レギュラーとして出場を果たしている。この大会では準決勝で智弁和歌山の前に4-5と惜敗し、ベスト4止まり。それでも準々決勝の神戸弘陵(兵庫)戦では5打数2安打。打ったヒットはいずれもタイムリーとなり、3打点を挙げる活躍をみせている。

 その1年後、95年の春選抜で福留は再び甲子園に帰ってきた。初戦の相手は古豪・銚子商(千葉)。この大会、二人のスラッガーが注目されていたのだが、一人は福留。そしてもう一人が銚子商の澤井良輔(元・ロッテ)だった。試合は澤井が先制ソロを放てば、福留もセンターバックスクリーンに飛び込む3ランで応戦、打撃戦となった。だが、7-7で迎えた延長11回表に銚子商に3点を勝ち越され、7-10でまさかの初戦敗退を喫してしまう。

 期待されながら甲子園では今ひとつ力を発揮できなかった福留。だが、3年生最後の夏の選手権でその打棒がついに大爆発する。

 それは初戦の北海道工(現・北海道尚志学園=南北海道)戦の第3打席だった。福留の右前打から始まった3回裏の攻撃は4点を奪い打者一巡。2死満塁で再び打席が回ってきたのだ。そのバットから放たれた打球はライトスタンドへ飛び込む満塁弾となったのである。福留は5回裏にも史上11人目となる2打席連続アーチをかけ、3打数3安打6打点の大活躍。続く2回戦の城北(熊本)戦は無安打に終わったものの、3回戦の日大藤沢(神奈川)戦は三塁打1本に1打点。準々決勝の智弁学園(奈良)戦は二塁打1本を含む3安打。試合は6-8と惜敗したが、この大会での福留の成績は4試合で15打数7安打7打点2本塁打2三振。打率4割6分7厘と95年度の高校野球界NO1スラッガーの実力を存分に見せつけたのだった。

 日本球界復帰の際、阪神タイガースを選んだ福留。PL学園出身のスラッガーでも上位に評価されるこの男は、甲子園でこそ映えるのだ!

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」