芸能

内柴正人を見習って?息子の逮捕で高畑淳子に「紫綬褒章を返上すべき」の声

20160830takahatab

 息子の裕太容疑者が婦女暴行容疑で逮捕されたことを受け、母親で女優の高畑淳子が2014年に受章した紫綬褒章の行方に注目が集まっている。数多くのベテラン芸能人が受賞している紫綬褒章だが、高畑に対して自ら返上すべきという論調がネット上で巻き起こっているのだ。芸能ライターが返上派の意見を代弁する。

「返上派が根拠にあげているのは、柔道家・内柴正人の例です。アテネと北京の五輪金メダルで紫綬褒章二つを受けた内柴は、2011年に婦女暴行事件で逮捕。2014年に実刑5年の判決が確定し、その翌月に紫綬褒章を褫奪(ちだつ)されました。これにならって息子が婦女暴行で逮捕された高畑も、実刑が確定した場合には責任を取って返上すべしというものです」

 ただ内柴のケースでは「勲章褫奪令」という法令により、強制的に紫綬褒章がはく奪されており、自発的に返上したわけではない。しかも高畑自身は容疑者でもなんでもなく、同法令が適用されること自体がありえない。つまり内柴を例に挙げるのは誤りなのである。その点に関して週刊誌記者が説明する。

「返上派のなかには『位、勲章等ノ返上ノ請願ニ関スル件』という法令を根拠にあげる者もいます。同法令では特別の事情がある場合に返上を請願できると定められているからです。ただ『特別の事情』の内容については2008年に閣議決定が行われており、受章者本人の行為や境遇が該当すると定められました。息子の不祥事は対象外なので、やはり高畑による返上はありえないという結論になります」

 天皇陛下の名をもとに授与される紫綬褒章は、受章者が勝手に返上を言い出すことができないほどに重いもののようだ。高畑には事件に関する発言の一つ一つに、受章者としての責任が問われていることを自覚する必要があるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”